韓国の民間信仰、「家宅神(ガテクシン)」

お稲荷様のご神札をいただき、神棚を用意し、毎日朝になると米、塩、水をお供えするようになって、約1ヶ月が経ちました。いつも参拝している稲荷神社はこの地域の鎮守社とのことで、このまま良き縁が続いたら、と願っています。

言い換えれば、日本の神道は「神様を家の中にお迎えすること」とも言えるのではないでしょうか。

私が知っている限りだと、韓国の民間信仰では「神をお迎えする」ことはありません。

韓国でも、仏教信徒の場合は、家に仏壇がある場合もあります。でも、日本に比べると「ほとんどない」と言ってもいいでしょう。また、日本では家庭にある仏壇が家族の霊を供養する意味もありますが、韓国では、家庭の仏壇で家族の霊を供養したりはしません。キリスト教でも十字架を壁にかけて、そこに祈ったりします。そういうのは「神をお迎えする」という考え方と似て非なるものかもしれません。

でも、韓国の宗教・・例えば民間信仰とか、そんな信仰で「神を家にお迎えする」要素はありません。

私が知らないだけなのか、本当に無いのか、ちょこっと調べてみました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国の巫俗(民間信仰など)では、神の力で「悪いもの」を追い出すことが基本になります。そういう呪術的な道具、殆どは「札」の形をしているそれらを、符籍(ブジョック)と言います。

中国発の人気キャラ(?)、キョンシーの映画・・もう古いよと言われそうですが・・を見ると、キョンシーの額に何かの札を付けるとキョンシーが動かなくなったりしますね。そういうのを韓国では全て符籍と言います。

新羅の説話に登場する、海の竜王の息子とされる「チョヨン(處容)」という男がいます。ある日、悪鬼が寝ているチョヨンの妻とあんなことやこんなことをしました。

すると、チョヨンが踊りだしました(なんで?)。

チョヨンの踊りを見た悪鬼は許しを請いました(だから、なんで?)。

その物語から、チョヨンの似顔絵などを、「悪鬼が近寄らない」ことを願って家に貼ることになった・・のが、符籍文化の始まりだと言われています。

 

でも、それは「神をお迎えする」とは違うのではないか・・と思ってもっと調べてみた結果、韓国にも昔は「家宅神」というものがあったことがわかりました。

たとえば「台所」「庭」といったふうに、それぞれの場所にそれぞれの家宅神があったとのことです。

もっとも有名なのは、ソンジュ(城主)という神で、小さなハンアリ(ツボ)の形となります。マル(板の間)の神です。

※画像は昌原(チャンウォン)市のホームページよりキャプチャーしました※

 

ですが、家宅神に関する信仰は、今では『資料すら殆どない』ほどに消滅している、とのことです。なにせ、韓国でずっと暮らしてきた私が初めて耳にしましたから。

個人的に、これらが儒教思想と衝突したのはないだろうか、と推測しています。家宅神は基本的に「ご先祖様」の神となります。儒教思想では、先祖の霊が家に「特定の日に帰ってくる」ことはあっても、家に「留まる」ことはありません。先祖の霊は、子が祠堂を作ると、そこに留まることになります。それが無いと、消えるまでこの世をさまよいます。

2つの考え方が衝突し、負けたほうが『積弊』として清算されてしまった・・のではないでしょうか。邪推ですが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

 

123+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5