朝鮮神宮

併合時代、いまの南山公園にあった「朝鮮神宮」。この前、「国恥の道」の記事でこの朝鮮神宮の話を読んでから、少しずつ韓国側の資料を探してみました。

共通しているのは、「敗戦後、日本人が自ら撤去、焼却した」「数々の神物は日本に送られた」としている点です。

<・・南山の朝鮮神宮は1945年、太平洋戦争が終わった直後、壊された。特異な点は、日本人自ら神社を解体、焼却したという点である。彼らは混乱の中でも、自分たちの神聖な神を「自ら天に返す」という原則を忘れずに執行した。8月16日から始まった朝鮮神宮の解体作業は約2ヵ月の作業を経て、10月6日、すべて終わった。日本は神宮内の各種神物などは日本に送り、残りの施設は焼却した。

当時南山の朝鮮神宮ではなく、地方の神社だった所も全て朝鮮人たちによって撤去された・・>

https://news.v.daum.net/v/20180718141945605

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

本当に日本人が自ら焼却して中にあった神物も日本に送られたなら、不幸中の幸いですが・・・

「日本人が撤去した」「日本に送った」というのは韓国側のウィキソースのようで、他には資料がありませんでした。ただ、ウィキにも出典などは明記されていませんでした。

いくつかの書籍にも同じ記述がありますが、それらもこれといった「記録」に基づいたものではありません。あんなに大きな神社を解体、焼却したなら、写真1枚ぐらい、残っていてもおかしくないと思いますが。

 

一つだけ・・南山公園のある自治体のホームページには、「南山公園には神社があったが、市民たちが破壊した。いまは安重根記念館がある」となっています。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

111+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5