韓国の嫌らしい「話法」

韓国は、「外国で韓国が評価されている」ことに必要以上の執着を見せます。逆に、韓国は「外国で日本が評価されている」ということをものすごく嫌がります。

今日、聯合ニュースが、「日本すごいブームは間違っている!」としながら、ある日本人が書いた本を紹介しました。外国で日本が評価されているのは嘘だとする内容だそうで、「過ぎた愛国心を持つ日本人の幻想に直撃弾を飛ばす」と書いています。

https://news.v.daum.net/v/20180914144129824

本題とは違うので、著者さんや本のタイトルなどは本エントリーでは紹介しません。気になる方はURLのソース記事に表紙がありますのでそちらを御覧ください。

本題は何なのかと言うと、「日本人が書いた」の部分です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国人がよく使う「根拠」の出し方に、こういう話法があります。「有名な教授から聞いた」「信頼できる先輩から聞いた」。

何かの投資の話ですか?と言われそうですが、そうではありません。韓国では、日常会話でもこのような話を無数に耳にします。

この話法の特徴は、「それは違う」と反論された時、「お前より有名な教授がそう言ったんだぞ?」とか「私は聞いただけだから知らないよ」というふうに、「私が言いたいことを言いながらも、責任から完全に逃げる」ことができます。

 

これは日本の悪口を言うときにもよくある現象で、特に「日本人が言った」というのは、その中でも最高の「根拠」として利用されます。

これは、「韓国人が韓国の悪口を言うことは絶対に無い」という、韓国の過ぎた愛国心から出た心理が投影されているだけなのですが、韓国人はそのことに誰も気づいていません。

 

韓国人が「日本人が日本を悪く言う」においてもっとも評価している部分は、その悪く言う「内容」ではありません。韓国にとって、そんなの、どうでもいいことです。「私は言ってないよ?日本人すらそう言ってるんだよ?」と言えること、すなわち利用しやすさ。それこそが評価点となります。

 

たまに、「日本の悪いところ」や「韓国の良いところ」を書いてほしいというコメントを見かけます。

そのコメントには何の問題もありません。でも、どこかネットの隅っこでも、「親日ブロガーすら日本の悪口を言う」とか、「親日ブロガーすら認めざるを得ない韓国の良さ」とか、私の書いた文章がそのための「根拠」とされることだけは、絶対に嫌です。

それに、日本の悪いところと言われましても、これといって書く内容もありません。違和感がある部分はあるかもしれませんが、日本が私に合わせるべきことではありません。私が日本に合わせるべきことはいっぱいありますが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

132+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5