ふたりはムリキュア(Cureが無理)

文在寅大統領が北朝鮮で熱烈に歓迎された、とのニュースが溢れています。

中には、文在寅氏と握手しながら涙を流したり、金正恩氏と文在寅氏の姿に乗った車を(感動のあまり)追いかけようとして阻止される住民もいたとのことです。

私の曇ったゴーストがささやきます。「ふたりはムリキュア(治すのはもう無理)」と。ムリキムとムリムーンと・・

画像キャプチャー:国民日報

https://news.v.daum.net/v/20180918142352077

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・北朝鮮の住民たちは人共旗(韓国で言う、北朝鮮の国旗)と韓半島旗(朝鮮半島が描かれた旗)、花などを持って熱烈に歓迎した。男は黒いスーツ、女性は色とりどりの韓服を着た。北朝鮮の住民たちが北朝鮮内で韓半島旗を使ったのは今回が初めて

・文在寅大統領が金委員長と北朝鮮人民軍儀仗隊を査閲した後、壇上から降り、北朝鮮の住民たちの前を通り過ぎると、北朝鮮住民たちの歓声の音と歓迎のジェスチャーはより強くなった。一部の北朝鮮住民は興奮して涙を流す姿を見せた。また一部の北朝鮮住民は隊列を離脱して(文氏と金氏が乗った)車をおいかけようとして北側の関係者に阻止された

https://news.v.daum.net/v/20180918102634234

 

韓国側の一部のマスコミが、「韓流スターが日本でこんなにも歓迎されている」と記事を書く時、まったく同じシーンを描いたりします。北朝鮮も同じく、同じシーンを「設定」したのでしょうか。どちらも演出ですし・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

138+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5