いわゆる慰安婦被害者を「その気があったからだろう」と話した教授、実刑で法廷拘束

 

※本エントリーは、アドセンスのポリシー違反となりました。違反の理由は「性的な表現」となります。不本意とはいえ、ポリシーを違反したこと、そして(テーマとはまったく関係ない趣旨で)不愉快な思いをされた方々に、お詫びいたします。いまは修正し、再審査を要請しているところです※

※2018年9月20日、「審査(再審査)結果、ポリシー違反はありません」とアドセンス側からメールが届きました。お騒がせしました※

 

韓国には「キがある」という表現があります。キは多分「気(ギ)」をあえて強く発音したものではないかな、と思いますが、別に辞典を読んでみたわけではありません。

AさんとBさんが、テレビでアイドル番組を見ていました。Aが、アイドルの人に対して「アイドルって疲れないのかな、あんなに踊って歌って」と話したとします。すると、Bがこう返しました。「ああいう人たちは、気があるから」。

すなわち、「気がある」は、「好きでやっているんだよ」「ああいう素質があるのだよ」な意味になりますけど、どちらかというとちょっと対象を軽く見る(見下す)ニュアンスでもあるので、失礼な表現でもあります。ただ、ヨク(辱、低俗な言葉)なのかというと、それほどではありません。

今回問題になったのは、いわゆる慰安婦被害者たちのことで「仕事の内容を事前に知っていてなお、その気があったのだろう」と話した教授の件です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

昨年4月26日、順川(スンチョン)大学のA教授は授業中に、「私が思うには、おばあさんたちは、事実は、かなり知って行ったんだよ(どんな仕事なのか事前に知っていた)。わかった?日本に狂った、その連行された女たちも、元々は気があるからついて回ったんだよ」と話しました。

ちょっとだけ意訳を付け加えてみると、「日本に惚れていた、その連行されたという女たちも、実はそういう気質があるから日本軍につきまとったのだよ」になります。

この教授は、その後、市民団体から告発され、虚偽の事実で被害者の名誉を毀損した疑いを受け在宅起訴されました。大学も教授を罷免しました。

 

で、記事によりますと・・

<授業中に、いわゆる日本軍慰安婦被害者のお婆さんを侮辱した発言をして物議を起こした順天大学教授が実刑を宣告され法廷拘束(※)された。

光州地方裁判所は先月23日、慰安婦被害お婆さんたちの名誉を毀損A教授の懲役6月を宣告し、法廷拘束した。A教授は、判決に不服してすぐに控訴した・・>、とのことです。

法廷(裁判所)が実刑宣告と同時に職権で被告人を拘束することを法廷拘束といいます。

https://news.v.daum.net/v/20180918013236213?d=y

量刑がどうとかではなく、もうこの教授の社会復帰及び発言力、影響力は「終わった」と見ていいでしょう。

 

今日は南北のバカップルがデート(首脳会談)する日です。でも更新はちょっと遅れそうです。夕方にもまた覗いてみてください(・∀・)ノ

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

132+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5