研究するだけで「親日」か

自由韓国党のナ・ギョンウォンという国会議員が、「日本自民党の政権復帰と安倍総理中心の自民党優位体制の構築」という題の公開懇談会を開きました。

ご存知、韓国は保守勢力が没落しているため、左派とされる民主党から政権を取り返し、高い支持率をマークしている日本の保守政党自民党をベンチマークするのは大いに意味があることだ、という趣旨の懇談会だそうです。

韓国基準での保守であり、日本の自民党と韓国の自由韓国党は違うと思いませけどね。なにせ、「なにかあればすぐ政党名を変える」自由韓国党ですから。そんな心構えで「保守」なんかムリでしょう。これは左派もそうですけど。

とにかく、そういう懇談会がありましたが・・なんと、「親日行為だ」として苦情が殺到し、ナ・ギョンウォン議員が「親日行為ではない」と声明を出す騒ぎになりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

いくつかの記事の内容をまとめてみると、抗議の電話が殺到しているのは当たり前で、マスコミすらも親日行為だと記事を書いているようです。ナ・ギョンウォン議員が親日財産没収法案(成立当時)に賛成しなかったこと、日本の自衛隊関連イベントなどによく参加していたことなどを掘り出す人たちも多いとか。

ここでまず驚きなのが、「日本自民党をベンチマークした」な趣旨の文章以外、「懇談会でどんな内容が議論されたのか」はどこの記事にも書いていません。

ただただ、「日本自民党の政権復帰と安倍総理中心の自民党優位体制の構築」という題が気に入らなかっただけのようです。

ナ議員は「日本の事例を研究することで韓国に含意を伝えようとしただけだが、それも親日だというのか」と反論しましたが、国民日報曰く、

<・・ナ議員の反論にもかかわらず、一部では、よりによってどうして日本の自民党をベンチマークするのかとの指摘が続いている。特に「日本自民党の政権復帰と安倍総理中心の自民党優位体制の構築」という懇談会のタイトルからして問題だとの意見も多い・・>

https://news.v.daum.net/v/20180921081246651

https://news.v.daum.net/v/20180921085739736

https://news.v.daum.net/v/20180920155831575

https://news.v.daum.net/v/20180921084520438

 

見習うという趣旨そのものが、「親日」になったこと。つい何年か前までは、それでも「日本を学ぼう」という意識がかろうじて残っていた気がしますが・・もうそれすらも許されなくなったのでしょうか。なにせ、「安倍」という字を入れたことが致命的だったのでしょう。

「聖なる勇者の国が魔王から見習うことなどあるか!」と。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

127+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5