慰安婦「文大統領が財団解体と言った。すっきりした」、「慰安婦合意は朴槿恵が私たちを日本に売り飛ばしたもの」

文在寅大統領の「財団解体」の件、韓国内では「すでに解体が決定していて、安倍総理に通知したもの」という雰囲気になっています。

今日は、ナヌムの家(分かち合いの家、慰安婦施設)の慰安婦たちが「すっきりした」としながら、財団解体を歓迎しました。

前に、韓国人は怒るときに「いままで我慢してきたけど」、「これだけは言わないつもりだったが」のセリフをよく言う・・と書いたことがありますが、同じ言葉も出てきます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・ナヌムの家に住んでいるイ・オクソンおばあさんはこの日、「日本のお金をもらって和解治癒財団を設立したのは、朴槿恵がお金をもらって私たちを日本に売っぱらったのと同じだと思う」とし「ムン・ジェイン大統領は合意が間違っているとし、今は財団を無くすそうだから、非常に良いことだ」と所感を明らかにした・・>

<・・ナヌムの家の所長は「被害者おばあさんたちがムン・ジェイン政府発足後、平昌冬季オリンピックの成功を祈願し、南北の平和を念願し、多くのことを我慢してきた」、「だから平昌冬季オリンピックに日本安倍総理の参加にも反対しなかった」と述べた。

彼は「冬季オリンピックも正常に終わり、韓半島に平和が定着している」とし「今は南北が一緒に力を合わせて、日本軍慰安婦被害者問題を解決しなければならない。ムン・ジェイン大統領も、まず誤った合意の無効を宣言しなければならない」と主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20180927152641095?d=y

 

しかし、冬季オリンピックに安倍総理を呼んだこと・・あの時、安倍総理が参席すべきでないという意見も結構ありました。それでも安倍総理が参席したのは、どちらかというと「日本側がいろいろ便宜を図ってのもの」だったと思いますが。それが、「慰安婦が我慢した」で成立したもののようになっているようです。

 

しかし、文在寅氏は本当に「解体を規定事実として」安倍総理にそんなことを言ったのでしょうか。当日の記事からだと、とてもそんなふうには見えなかったのですが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

116+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5