韓国専門家「(慰安婦合意の)10億円を『死んだ金』にしよう」

韓国の世論は「よし、財団は解体出来た質疑は10億円だ」ということになっています。これは、文大統領の発言ともずいぶん差がある展開にも見えますが・・とにかく、そういう展開になっています。

10億円をどうするのかについていろいろ記事が出ていて主張も出てますが、地上波放送局SBSに「死金化(死んだお金にしてしまう)」という話が出ています。

部分引用しますと、<・・一部の専門家は、いわゆる「死んだお金」戦略を提示します。10億円を政府基金などでそのまま保存して、慰安婦問題が未解決であることを象徴するお金にしようという提案です・・>、と。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国に帰化した保坂祐二教授は、インタビューでこう話しています。

「被害者の同意が全くなかったと、さらに強調し、それだけこの慰安婦問題は被害者中心の解決で行かなければならない(というメッセージを国際社会に与えることができます)」。

https://news.v.daum.net/v/20180927210906051

 

記事は「もし10億円を日本に返しても、日本が受け入れるはずもなく、日本は『韓国は政府同士の約束すら破る国だ』と国際世論戦に出るでしょう」としています。

 

「10億円出せば韓国が財団運用して慰安婦問題は不可逆的に終わり」と言っておいて「この10億円は慰安婦問題が終わってないという証拠だ」とするわけですが・・この時点でおかしいと思わないのでしょうか。10億円に向かって「◯ね」と言ってるだけの戦略にも見えます。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

108+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5