愛するより憎むのが簡単

中央日報に興味深い内容の記事がありました。

韓国にはいくつかの国慶日があります。三一節(3月1日)、制憲節(7月17日)、光復節(8月15日)、開天節(10月3日)、ハングルナル(ハングルの日、10月9日)です。制憲節以外はすべて公休日でもあります。

さすがに臨時政府関連の日が多いのが目立ちます。31節や光復節はいうまでもなく、10月3日開天節は、檀君神話で檀君が国を建てた日ということになっています。臨時政府がこういう歴史観(上古史)を基盤としていたからです。

これらの日には、義務として家に国旗を掲揚することになっています。住宅、もちろんマンションにも、国旗を「挿して」設置するための台があります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・・ですが、10月3日、国旗を掲揚した家がほとんどなかった、ということでして。

※写真は、ネットで見つけたものですが、多分、少なくとも20年は前のものだと思われます。最近は、こんなに掲げることはそうありません。ソース記事のものではありません※

中央日報はこの件を日本の旭日旗には国中が騒がしいのに、いざ自分の国の国旗を掲揚する人は多くないと皮肉りながた、このように書いています。

<日本の旭日旗掲揚に怒る愛国者たちも、国慶日に太極旗を掲揚したり、その意味を再確認することはほとんどしない>。

https://news.v.daum.net/v/20181003173254310

 

それは、ま、日本を憎むのがもっと大きな「愛国」ですから・・最近の韓国では。

前に本ブログでも紹介したことがありますが、国旗が保守右派のデモによく用いられることから、「国旗は保守右派が使うもの」「一緒にされたくない」という認識が広がっていることも、記事では指摘しています。

また、これも本ブログで何度か書いてきましたが、韓国の左派は韓国を「失敗作(朝鮮半島の南側だけで出来たもので民族国家ではない)」としているため、国旗や国歌などを一切尊重しません。

 

今日の更新はこれで終わりです。明日、また!

(・∀・)ノ

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+123

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5