李明博氏、(裁判に)不参加・・1審で懲役15年・罰金130億ウォン

不参加シリーズ2作目・・じゃなく、いまさらですが、李明博氏の1審裁判がありました。

結論から書きますと、懲役15年・罰金130億ウォンです。

「ダース(DAS)」という会社が240億ウォン規模の裏金を造成した、その所有者は誰だ!というのが裁判の核心でした。今までは李明博氏のお兄さんの所有としていましたが、事実上李明博氏の所有だ、という判断になったようです。

https://news.v.daum.net/v/20181005152409839?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

でも、この件、観艦式不参加の件に比べて圧倒的にマイナーネタだったので、「続報が無かったら書こう」ぐらいしか思っていませんでした。

それに、朴槿恵氏の場合は、「どんな罪で弾劾までされたのか」がいまひとつパッとしません。でも、李明博氏は少なくとも任期は終えたし、裏金とか、前からいろいろ悪い噂がありました。個人的にも朴氏にくらべるとマイナーな事案ではあります。「韓国大統領のそれから」シリーズ(呪いもの)としては見事ですが・・

 

・・・で、李明博氏ですが、裁判には出席しませんでした。健康上の問題、警護上の問題などを理由といましたが、その中にこういうのもありました。

「今回の裁判も生中継されるが、裁判の生中継など、国の格を落とす行為だ。だから参席しない」

https://news.v.daum.net/v/20181005073606541

どうしても『国の格』が言いたいなら、別に中継のことだけでもないでしょうに・・

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+115

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5