ハングルの日

ハングルナル(ハングルの日)ということもあってか、イーデイリーが妙な記事を載せました。

「最近、北朝鮮が外来語を使用せずに、ひたすらハングルのみで、日本のいわゆる『骨を叩く』とき、その語彙力に感嘆するしかなかった」と始まる記事ですが、

「最近」というのが、昨日、本ブログで紹介した労働新聞の論評のことです。「共通の価値観」エントリーのことですが、まだという方々はまずご一読を。

では、必要な部分だけ、引用してみます。あ、ソース記事の趣旨に合わせて、直訳しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・先立って北朝鮮は(労働新聞で)、日本に対して「邪悪なチョ◯パリ」、「過去をオムルチョク(曖昧に)しやがって」、「サムライ悪腫(悪性腫瘍)の集合体」、「孤独なソムナラ(島組)の政治ナンジェンイ(小人、ちび)たち」などと表現した。

特に、北朝鮮は朝鮮中央TVを通じて、日本が日本軍慰安婦問題について徹底的に謝罪・賠償しなければならないと促しながら、「安倍牌堂(一味、派閥)は特大型反人倫犯罪である性奴隷犯罪を伏せてしまおうと、あのようにジラル発狂しているようだ」と熱く語ったこともある。

北朝鮮の止まらない表現にネチズンは「外来語1つ使わないでどうすればあのように明快に言えるのか」、「このような時、私たちは1つの民族であることを感じる」、「痛い歴史を一緒に体験したから」、「サイダー放送(スッキリした)」、「私が日本だったら耳から血が出たはず」などのコメントを残した。

あるネチズンは「日本を非難するときでさえ、日本語を混ぜて使わなければならない人は、北朝鮮を見て反省すべきだ」と反応した>

https://news.v.daum.net/v/20181009003004401

 

まず、先も書きましたが、ソース記事を日本語に訳する時、漢字から来た言葉は漢字で、そうでないものは漢字を使わずに訳しました。

でも、ソース記事が引用した北朝鮮の労働新聞や朝鮮中央通信の報道には、邪悪、過去、悪腫(悪性腫瘍)、集合体、孤独、政治、牌堂、特大型、反人倫、性奴隷、犯罪、発狂などの言葉が・・記事の趣旨通りなら、これらもダメなのでは?

 

ソース記事は、「外来語を使わないで」と言っています。外来語は国語の一部です。邪悪、過(以下略)・・の中でどれだけ公式に外来語認定されているのかわかりませんが、記事が『外来語も使わないで』としているかぎり、これらの漢字由来の言葉はすべてアウトになります。

こういうミスもまた、「こうであるべき」と「現状」のズレによるもの、でしょうか。

余談ですが、北朝鮮は漢字を廃止していますが、「漢字を使うと教養ある人だと評される」とも言われています。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

 

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5