韓国政界、「トランプが韓国の主権を侮辱した」と大騒ぎ

韓国で、トランプ氏の例の「承認」発言が、「上下関係」として機能しています。さっそく「主権を侮辱された」という反応が出てきました。

個人的に、「米国の同意が無いと韓国だけではできない」という側面を強調した表現の1つと見ることもできるのではないか・・と思いますが、中央日報によると承認(Approval)という単語を使ったのは異例なことだ、とのことでして(普通は「事前に協議する」という表現を用いるそうです)。真意のほどはともかくして、韓国の政界は大騒ぎです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

中央日報とヘラルド経済によると、共に民主党側は「米国の同意がなくても524措置は解除できる」「韓国の主権を無視する発言だ」、自由韓国党側は「米国の承認なしになにもできないというのは間違っている」としながらも、「文在寅大統領に対しての警告でもある」などの意見もあったとか。

https://news.v.daum.net/v/20181012000744787

https://news.v.daum.net/v/20181011210336789

 

米国務部はこの件に関して、「対北朝鮮政策で米国と韓国は共助している」など、極めてマニュアルな対応をしました。

https://news.v.daum.net/v/20181012072105004

 

北朝鮮が民の洗脳に「主体」という言葉を使ったのもそうですが、韓国もまた、主権という言葉にはものすごいコンプレックスを抱いています。多くの韓国人が、何か気に入らないことがあれば「新日派に支配されている」とか「米国の植民地」とか、そんな言葉で状況を理解しようとします。そして勝手に「国の力が足りないからだ」という結論になり、愛国者ごっこに浸ります。

今回の件、「承認」に含まれた意味は、自由韓国党の一部で提起された「文在寅大統領があまりにも一人で突っ走っているのが問題だ」とする意見が、もっとも近いでしょう。

しかし、かなり「効く」言葉を選びましたね。トランプ氏は。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+134

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5