文「北朝鮮がNLL認めた」/軍「北朝鮮はNLL認めていない」

文在寅大統領が、西海(朝鮮半島の西側の海のこと)の北方限界線(NLL)について、なにげに凄いことを言いました。

「北朝鮮がNLLを認めた。首脳会談で会うたびに金正恩氏が認めていた(※記録は無し)。これからNLLを基準にして海にも平和区域を作り、平和漁労(共同漁業区域)を作る」、「今まで血で守ってきたNLL、これからは血を流さずに守れる」と。

西海といえば、いろいろ問題がありました。海戦もあったし、天安艦爆沈も西海でしたし、延坪島、白翎島などの砲撃された島も、西海にあります。

NLLだけがそれらの問題の原因だとは思えませんが、北朝鮮が韓国側のNLLを認めなかったことで、衝突が多かったこと。それが「原因の1つ」なのは間違いありません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

大手ポータルDAUMなどのネット事典として提供されている「韓国民族文化大百科事典」によると、朝鮮戦争が終わった後、国連軍は「当時、国際的に通用していた領海基準3海里を考慮し、延坪島(ヨンピョンド)、白翎島(ペクリョンド)など5つの島と北朝鮮地域との概略的な中間線を基準に、北方限界線を設定した」とのことです。結果的に、これが南北の「海上の軍事境界線」のようになったのは言うまでもないですが、北朝鮮はこのNLLを認めていません。

金大中大統領の頃からこのNLLをなんとかすると、協議するとは合意したものの、これといって結果が出せたことはありません。

それを、現大統領が「北朝鮮がNLLを認めた。平和区域にしよう」と言い出したのです。少しでも関心がある人には、「大事件」とも呼べる発言です。

 

・・・ですが、昨日、国会で大韓民国合同参謀本部(軍最高司令部)から「北朝鮮が7月からもNLLを破ったり韓国側の漁船に警告したりすることが多くて困っている」という報告がありました。一部のマスコミ記事では「7月から特にひどくなった」という内容もあります。

野党は「本当に北朝鮮がNLLを認めたと言えるのか」と、与党は「北朝鮮の一部の軍の不満にすぎず、南北首脳はNLLを認めるとした」と論争になった、とのことでして。余談ですが、NLLを協議すると言っておいて結果が出なかった理由は、「北朝鮮の要求を受け入れて再設定すると、いまよりNLLがかなり南下する」からだ、と言われています。

https://news.v.daum.net/v/20181013073055084

https://news.v.daum.net/v/20181013064925797

 

この件もそうですが、私は韓国政府(特に文氏)の発言からものすごい「焦り」を感じます。

「北朝鮮はもう不可逆的に非核化を始めている。米国は誠意を見せるべきだ」

「終戦宣言は後で取り消すこともできる。だから終戦宣言やるべきだ」。

「北朝鮮がNLLを認めた。平和区域(水域)にすべきだ」

まるで、マルチレベルマーケティング(連鎖販売取引)かなにかで、上司からあたえられたノルマをクリアーすることだけを考えすぎで他の思考がマヒしている社員みたいな態度です。

ムンたん・・なにがあったのでしょう(うるっ

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5