韓国政府、新しい雇用政策「簡単な仕事を増やす」を発表

韓国政府が、「書類のコピー」「荷物運び」など極めて単純で就業期間も短い雇用を政府主導で増やす政策を明らかにしました。

政府主導で「~するだけの簡単なお仕事(本当に簡単です)」を増やすわけです。

韓国の就業問題に関して特に多くの記事を描いている「アジア経済」からです。

<「雇用の崖」が8ヶ月近く続いている中、働き口が減る冬期が近づいてくると、政府が体験型インターンなど公共機関の短期雇用を増やして対応することにした。しかし、ほとんどが5ヶ月未満の不安定な雇用で、専門家は財政の無駄遣いなだけで、根本的な対策にはなれないと指摘する。不振の雇用指標を乱す「雇用統計の粉飾」をしているという批判も出ている・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・政府は公共機関から5000人前後の体験型インターンを追加採用する計画だと明らかにした。冬季の壮年、高齢者のために特化された雇用も拡大することにした。

公共機関体験型インターンは採用期間が1〜5ヶ月である短期雇用で、書類のコピーや荷物を運ぶなど、業務レベルが単純で、正社員への転換の可能性もほとんどない仕事だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20181013101532730?rcmd=rn

 

ムンたん・・(うるっ

韓国は、去年までは月20万~30万は雇用が増えていました。それが、今年に入ってから急減。9月にはマイナスになるのではないか、とも言われていました。9月の就業者数はプラス4万5000人でしたが、30~64歳までは雇用が減っています(「15~29歳」と「65歳以上」でプラスで、30、40、50代、60~64歳ですべてマイナス)。

韓国で一般的に「経済活動人口」とする「15〜64歳」で見ると、雇用は4カ月連続マイナス、特に40代は、35ヶ月連続でマイナスです。しかし、65歳以上は13ヶ月連続プラス。

 

そんな中、政府が「簡単なお仕事(本当に簡単)」を増やして、それを対策とする・・、と。文在寅政府は公共機関の非正規職を正規職に転換すると公言してきました。しかし、正社員への転換可能性がゼロに近い働き口を政府が大々的に増やし、それを「政策」として堂々と発表したわけです。

記事では、「これは雇用統計の粉飾だ」というソウル市立大教授の指摘を紹介しています。

統計の粉飾。李明博大統領の頃から「~の粉飾」という言葉が流行っていましたが・・・「ろうそく革命」とやらで選ばれた大統領が、また同じことをしているます。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5