安いのか高いのか

ツイッター経由でいらした方々、スマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

朝鮮日報が、日本観光関連の記事を載せました。

最後の部分、<・・日本の観光が大きくなった秘訣は、見方によっては単純である。正直で、親切で、清潔で、秩序がある。文化・歴史の名所もヨーロッパに匹敵する・・>に結論がありますし、私も同意します。

でも、その結論になるまで、記事は「ほかはともかくして(日本旅行は)安い」ので韓国の青年たちが日本旅行に行く、と主張しています。記事の最初と最後の内容があまりにも違う気がしますが・・

https://news.v.daum.net/v/20181017031628871

それはともかくして、韓国人にとって日本旅行は本当に安いのだろうか?と考えてみました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

結論からいうと、韓国人が日本旅行を安いと思うのは、「観光旅行としては」です。観光旅行としてのコストパフォーマンスにおいて、日本旅行が圧倒的すぎる、というわけです。それに、韓国の旅行会社は日本往復航空券をかなり安く売っているので、いろいろ考えると、確かに『安い』という見方もできます。

 

韓国の場合、国内旅行の何が問題なのか?

まずは「せっかく訪れてもがっかりするものが多い」、すなわち観光地としての魅力が無いのがもっとも大きいでしょう。外国観光客からすると韓国の明洞(ミョンドン)とかいわゆる遊びスポットが観光地になることもありますが、韓国人が明洞に「旅行」に行ってくることはありませんし。ちゃんとした観光地に行ってくるにはかなりお金もかかります。観光地となるとボッタクリ価格も多いですから

 

それに、私の経験による韓国の国内旅行の大きな問題点の一つに、宿泊施設があります。観光名所といっても、「安心して宿泊できる宿泊施設」がちゃんと出来ているところが致命的に足りません。これが、韓国人の「1泊以上の国内旅行の旅行先が限られる」大きな理由であると、私は見ています。前に『日本旅行記』書くたびに、私が日本のビジネスホテルを褒めまくっていたのは、そういう経験もあるからです。

データは手元に無く、どっかの雑誌で読んだうろ覚えですけど、韓国人は国内観光で「2回以上訪れる(リピーターになる)」ことがほとんど無い、とも言われています。

 

しかし、日本に行ってきた韓国の観光客たち・・特に青年たちの場合、「日本は物価が高すぎる」「ボッタクリ料金ばかり」という旅行記を書く人も少なくありません。なぜでしょうか?

まず、日本の交通費などが韓国より高いのもありますが、買う気も無しに観光地周辺にある大きなお店に入って、適当に価格表を見て「高い」と思うからです。彼らは、韓国の壮年層に比べて、韓国で国内旅行をしたことがあまり無いので、観光旅行としての日本旅行のコストパフォーマンスの良さをちゃんと評価できないわけです。

それに、前にも書いたことがありますけど、「何か日本に対して悪口をしなければならない」という考えがあるのも、そんな旅行記を残す理由の一つでしょう。

 

日本の物価を韓国と比べると、体感的に、それほど大きな差はありません。高いものは高いし安いものは安いし・・

ただ、日本には、「安いものに安いものなりの良さがある」こと。これは、観光だけでなく、韓国にはない日本だけの良さの一つです。

例えるなら、100円ショップとか、中古品の状態の良さなどです。

 

日本に来てから、ダイソーをよく利用します。近いところにあるからでもありますが、100円ショップには意外なほどドール向きの、(レナの撮影用の)小道具がいっぱいありますので(笑)。いや、普通に買い物もしますけど。

韓国では、1000ウォンショップ(100円ショップ)という名称はとっくに無くなっています。1000ウォンで買える商品がほとんど無いからです。生活便利店とか様々な呼び方がありますが、実際に入ってみると、商品の半分は1000ウォンではありません(2000ウォン3000ウォンは当たり前)。それでも、品のレベルは日本のほうが上だと、私は思っています。

 

日本では普通にある中古品も(プレミアムが付いて中古のほうが高かったりすることもありますが、この場合はそういうものは考えないとすると)、安く、きれいな状態で、なにより『信頼できる形』で取引されていますが、韓国ではそうではありません。保存状態の悪いジャンク同然のものが「外見だけピカピカになって」並んでいたり、それすらもしていない中古しかない韓国では、経験できないことです。

 

どこをどう比べるのか、どんなことを基準にするのか。それでいろいろ見方も変わるものでしょう。

とはいえ、これもまた、前にも書きましたが、日本は韓国人にとって「欲しくても買えないブランド」です。その憧れ(憎しみと隣合わせですが)もあって、日本に来る韓国人観光客の数はしばらくは減らないでしょう。

 

日本は、そこらじゅうの店で適当に買った服もいいし(最近は近くのユニクロでよく買います)、いつだったか銀座で買ったコートもいい。そんな国です。使い分ければいいだけのこと。

ゲーセンにはクレーンゲームの景品としてミュージックプレーヤーが置いてあるし、ヨドバシには数十万円もするミュージックプレーヤーが置いてある。どちらもその価格分の良さがある。

日本では、バカにされる基準は、「安いか高いか」ではなく、「その価格にふさわしいのかどうか」。その「相応しい」を評価する基準が、良い意味で厳しい。私はそう感じています。

価格だけではありません。「上か下かではなく、何事もその時、その場に相応しいのかどうか」で評価されること。物も、人も、ひょっとすると、神すらも。

それが日本での生活の魅力で、韓国では味わえなかったことでもあります。前からしょっちゅう書いてきた「尊重」という言葉の具現化でもありますが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+165

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5