韓国軍のプレスリリースに「日本側の遺憾表明」無し

ツイッター経由でいらした方々、スマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

日本の防衛大臣が、日韓国防長官会議(防衛省会談)に続いて、日米韓国防長官会談でも旭日旗問題について韓国側に遺憾を表明しました。

OBS(京義・仁川ローカル放送)は「多くのマスコミが、遺憾表明ではなく『抗議』だったと話している」としています。

ですが、韓国軍が出した報道資料には、この件が書いてない、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「軍当局は、このような事実をプレスリリース(報道し得よう)に今回の会談で連日いかんが表明された事実さえ書きませんでした」

「韓国軍は、しっかりとした反論はせず、国内メディアにこのような事実さえ知らせず、問題を縮小することだけ考える姿です」

「日本は旭日旗を正当化し、独島周辺まで訓練区域を拡大しています。そんな日本軍と未来志向で国防協力を強化するという私たちの軍。戦犯旗査閲さえ防いだから、これでいいとする認識に留まっています」

http://www.obsnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=1121159

http://www.obsnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=1121198

 

軍「でも、ちゃんと報道資料に書いたら『日本との関係が悪化した』と叩くでしょう?」

記者「はい」

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+119

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5