大統領府高位関係者「むしろ私たちが米国を手伝っている。米国は韓国を批判するのが容易ではない立場」

ツイッター経由でいらした方々、スマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

ニュース1が、「大統領府高位関係者」とのインタビュー記事を載せました。

特に米国との関係、北朝鮮との関係について大統領府はどんな認識を持っているのか、「関係者」の話した部分をまとめてみます。

・文在寅大統領が訪問したイギリスとフランスは米国、中国、ロシアとともに国連常任理事国。イギリスとフランスが完全に文大統領を支持してくれないと、米国の顔色を気にするしかない

・(イギリス、フランスに)北朝鮮への制裁の緩和を公式に話したけど、米国との関係は問題ない。韓米の信頼は堅い。韓米同盟とはそんなものではない。手続きが違うだけで行き先が同じだから問題ない。むしろ私たちが米国を手伝っている。米国が公式的に(韓国を)批判しようとしても、批判するのは容易ではないだろう

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・文在寅大統領は韓米関係、南北関係の両方に対してものすごく楽観的。確信と自信を持っている。金正恩委員長の年内訪韓も可能だと見ている

・ASEMでは、15ヶ国から文在寅大統領に会いたいとオファーがあって大人気だった。その中から私たちがイギリスとドイツを選んだ

https://news.v.daum.net/v/20181022170011306

 

本ソース記事で関係者さんは「米朝高位級会談で米朝首脳会談が決まるだろう」としていますが、この記事が出た直後、米朝首脳会談は「来年になる」という情報が出回っています。

それでも、韓国では「米朝首脳会談が来年になっても、高位級会議などがあるから、年内に終戦宣言が可能だ」と主張しています(下のURL)。

https://news.v.daum.net/v/20181024072220366

 

バラ色の考えをバラしてくれた高位関係者さんでした・・って、本当にバラ色すぎでしょう。ポジティブすぎで「本当にこんな認識なのか、インタビューだから仕方なくこう答えたのか」と、疑わしいところです。

とりあえず、ツッコミより、綺麗な写真でもどうぞ。

バラ色というか、バラですけど・・(笑

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5