韓米、31日に戦時作戦統制権譲渡後の司令部編成を協議

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなどスマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

韓米が、31日にワシントンで開かれる韓米安保会議(SCM)で、戦時作戦統制権を(韓国側へ)譲渡した後の司令部の構成について話し合うとのことです。ソウル新聞は、31日の会議でほぼ決まるだろうとの見解を示しています。

※戦時作戦統制権の韓国側への譲渡を、韓国では「返還」「還収」と言います

<・・韓米両国は、今回のSCMで、戦時作戦統制権の返還後、韓国軍主導の連合司令部を編成する案を暫定暫定的に確定する予定である。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

戦作権還収後も今の韓米連合軍司令部と類似した形態の連合軍司令部を組織する一方、韓国軍大将が司令官を、米軍大将が副司令官を務める案が合意されるだろうと伝えられた。現在は、韓米連合司令軍大将が司令官は、韓国軍大将が副司令官を務めている。

韓米はまた、条件に基づいた戦作権還収の原則を維持しながら、韓国軍主導の連合作戦遂行能力を検証する計画を積極的に実施することが案も協議する予定だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20181027130103713

 

いま戦時作戦統制権譲渡の件がどうなっているのか、どんな条件があるのかは、過去エントリーをお読みください

この記事だけで判断するのも微妙ですが、なんというか、戦時作戦統制権の韓国側への譲渡が「すごく近い」を前提にして話が進んでいるような気がします。しかもその(譲渡後の)司令部は、韓国軍と在韓米軍を同時に指揮することになる、とも。

この件、米軍が朝鮮半島から撤収(完全撤収じゃないにせよ、大規模の減縮など)を行う際の、米軍の「立場」を考えてのものではないだろうか、な見方もできます。権限が強いほど、撤収しにくいわけですから。

でも、そんなことを指摘する内容は、記事にはありませんでした。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+120

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5