「小確横」とは

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

韓国社会で、小確横という言葉が流行っている、とのことです。

他の記事では読んだことなかったけど、そこまで流行っている言葉なのか?な気もしますが、検索してみると、ブログやSNSなどで「小確横がどんな意味なのかの説明無しで」結構使われているのは事実のようです。

小確横は、「小さく確実な横領」の意味です。「小確幸(小さく確実な幸福)」が流行ったことがあるけど、そこから派生した言葉だそうです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・湯沸室から(※来客のために用意してある)お菓子や飲み物を勝手に家に持ち帰る、会社で個人用にプリンターを使う、本人所有の電子製品を会社で充電するなど、20〜30代の若いサラリーマンが仕事のストレスを発散する方式である。小さくで確実な横領という意味で小確横といい、Twitterやインスタグラムのようなソーシャルネットワークサービス(SNS)で拡散している。

表現は凄いが、内容を見てみるとそうでもない。会社からお菓子を取ってきて友だちに配ったり、会社に必要のない事務用品を申請するなどである。さらには出勤した後にトイレ入って「勤務時間にトイレにいると得をした気持ちになれる」という会社員もいる。会社員ではなくアルバイトの間でも、働くカフェでストローや紙コップを勝手に持ち帰ったり、小確横の経験談を見つけるのは難しくない。

会社員たちは「仕方ないから、このようにストレスを発散するしかない」と口をそろえる。会社員の朴(27)氏は、「上司が重い仕事を要求する時には、『こき使いされる』としか思えない」、「力のない部下たにできる、少々たる復讐だと思う」と語った。・・>

https://news.v.daum.net/v/20181110090102146?d=y

 

「あのね・・」と一言言ってやりたくなるところです。記事の引用していない部分の内容ですが、小さな企業の場合はこれが無視できない事案でもあります。

しかし、社員たちは「被害者は私」「そんな私にもできる復讐手段」だという考えを持っているのが、「いかにも」なところです。

小確横は小確幸(小さく確実な幸福)から派生したとのことですが・・彼らがこれらの行動を「復讐」だと思っているなら、これは彼らなりの「幸福」かもしれませんね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+115

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5