ソウルで金正恩を称える集会・・13団体が集結

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

7日のことですが、ソウルで、北朝鮮を称える集会がありました。その名も「白頭稱頌委員会」の結成式。稱頌は褒め称えるという意味です。

<国民主権連帯と韓国大学生進歩連合など13団体は7日午前11時、ソウル光化門世宗文化会館の前で記者会見を開き、「白頭稱頌委員会結成宣言文」を発表した。イ・ナヒョン韓国大学生進歩連合共同代表とクォン・オミン青年党共同代表はこの日の記者会見で、「金委員長のソウル訪問を自主統一の一大事変で、歴史的な意義を持つ訪問にするべきである」と述べた。続いて「積弊勢力が愚かにも蠢動しないようにしなければならない」と付け加えた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

彼らは「9月に平壌首脳会談で金正恩委員長と北朝鮮の指導部、国民が見せてくれた平和と統一への熱望は正に驚異すべきだった」とし「その頂点にキム・ジョンウン委員長のソウル訪問決断がある」と述べた。

委員会は、世宗文化会館の前に「金委員長のソウル訪問を歓迎します」、「金委員長の偉大な決断に敬意を表したいと思います - ムン・ジェイン大統領」などの内容が書かれたプラカードを掲げている。

委員会側は「現在までに200人余りが会員として加入しており、今後全国的な組織になるだろう」と明らかにした。今後、金委員長、ソウル訪問記念講演、コンサート、博覧会などを開いて、北朝鮮の歌の普及事業を行う予定である・・>

https://news.v.daum.net/v/20181108135004843

 

この委員会、反政府組織として解体された団体の後継団体も多数含まれている、とのことでして。別ソースのいくつかの記事を読んでみると、この白(略)会は「民族の良心を持つものなら、金正恩委員長のソウル訪問に反対してはならない」など、「同じ民族だから」という理由で、思想の差を超えるべきだとする内容が目立っています。本ブログで書いてきた「ウリだから法より情を優先すべきだ」とする韓国社会の歪みの、拡張版のようにも見えます。

 

本ブログでしばらく小テーマとして取り上げた「白頭血統」というものがあります。白頭山(長白山)でゲリラ活動をやって反日闘争を行ったことで、金日成のロイヤル・ファミリーをこう呼んでいます。いまの朝鮮労働党の幹部たち、いわば北朝鮮の「貴族」の人たちは、金日成の反日闘争の仲間、及びその子孫たちです。これが、北朝鮮の王朝を支えるメインシステムです。

これを本ブログでは「韓国ほど臨時政府史観を強調していない北朝鮮だけど、国家システムの根幹に反日があるのは南北どちらも同じ」という趣旨で扱い、「韓国人による北韓論」で特に集中的に書きました。だから「白頭を褒め称える」というのは、すなわち北朝鮮のシステム、王朝を褒め称えるのと同じ意味になります。

 

さすがにこの件、韓国内でも「やりすぎだ」という指摘が多いです。しかし、中には「右派の攻撃対象になる」「敵に隙を与えることになる」からやめろという意見もかなり目立っています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+121

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5