ついに「大統領は日本がプレジデントを翻訳したもの。大統領という言葉を無くそう」という主張が登場

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

ついに・・というかなんというか、「大統領」という言葉も無くすべきだ、という意見が出てきました。高麗大の教授が書いた本の内容です。

<・・(大統領という漢字には)国民を垂直に治める序列的な意味が込められており、米国で使う元の意味をも満たしていない。米国では、「プレジデント」(president)を単に「前に坐る人、すなわち国民代表会議の主宰者という意味で、この言葉を使っている。この言葉が日本で翻訳する過程で「大統領」に固まったのだ・・>

教授は、大統領という言葉ではなく、「代表」にしようと主張しています。

https://news.v.daum.net/v/20181111151944198

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

各専門分野で、「日本がやったことだから無くそう」と主張するのは、もはや韓国社会の知識人が「一度は言わないといけない」義務のようになっている気もします。

「ムンたん」と呼べばいいから別にどうでもいいけど・・

もし「代表」と書くとして、他の代表とはどう区別するのでしょうか。

米国の場合、記事原文ではpresidentと書いていますが、それは何かの代表、座長などをそう書きます。

でも、大統領と書く場合はPresidentです。使い所にもよりますが、Theを付けたりPを大文字にしたりして「大統領」としているわけですから。

一部の英語圏国家でThe God(GOD)とgodを区別しているのと似たような理屈です。

じゃ、大統領を「代表」にした場合、その区別はどうするのでしょうか。太く書くとか赤い字で書くとかするのでしょうか。

「首領」や「委員長」はどうでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+156

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5