新日鉄住金、面談に応じず

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

昨日お伝えした「新日鉄住金の韓国内資産の差し押さえ」の件、続報です。

昨日は「新日鉄住金本社を訪問して賠償に応じなかったら差し押さえの手続きに入る」としていましたが、その新日鉄住金が、会ってくれなかった(面談に応じなかった)とのことです。

朝鮮日報の記事から、部分引用します(この部分以外は、「朝鮮半島出身労働者」の件など、すでにお伝えした通りの内容です)。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<先月30日、韓国最高裁が強制徴用被害者に賠償判決を下した。そんな中、被害者側の弁護人と韓国∙日本の市民団体の活動家が12日、東京新日鉄株金本社を訪問し韓国最高裁の損害賠償判決の履行を促す要請書を渡したと共同通信が12日報道した。彼らは本社に訪問して要請書を渡し、面談を要請したが、新日鉄住金側は面談要請に応じなかった・・>

https://news.v.daum.net/v/20181112114522914

 

原告側(弁護人側)が、面談拒否を「賠償しない」のシグナルと見るのでしょうか。それとも、一応「要請書」は渡してあるので、もう少し時間をかけるのでしょうか。しかし、日本の市民団体の人たちまで一緒に行ったとは、これも驚きです。彼らがこの場に同席する理由があるのでしょうか。

コメント欄からの情報だと、「要請書も渡せなかった」との記事もあるようです。本ソースの朝鮮日報記事には「要請書を渡しながら、面談を要請したが~」となっていて、私は「要請書は渡した」の意味だと思いましたが。

どちらにせよ、日本側が要求している、そして国務総理が「講じている」としていた「韓国政府の対策」は、いまだ聞こえてきません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+151

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5