南北、強制徴用被害者の真相究明に協力・・「数」を増やすためか

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

南北が、強制徴用被害者の真相究明に共同で対応することにしました。

真相究明といっても、「数を増やす」ことが目的だと見ていいでしょう。

ファイナンシャルニュースの記事から引用します。

<最高裁判所全員合議体の日帝時代強制徴用犠牲者損賠判決と関連し、南北が真相究明を要求、対日圧迫共同戦線を構築する・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・リー・ジョンヒョク北朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長、キム・ソンヘ統一戦線部室長等北側高官7人は、14日、仁川空港を通じて韓国を訪れ、強制徴用犠牲者の真相究明を国際大会で共同対応するための糾弾声明を発表するものと見られる・・

・・リー副委員長・キム室長など北側高官7人は、16日、京畿道高陽(ゴヤン)市で開かれる「2018アジア太平洋平和・繁栄のための国際大会」で、アジア太平洋諸国と一緒に日本の強制動員真相究明を要求する>

https://news.v.daum.net/v/20181113173117460

 

12日、北朝鮮がわざわざ「840万人」という数字を出したのは、この共同対応のためだったかもしれません。

1940年代の朝鮮半島の人口が約2500万人とされていますから、840万人は難しいとしても・・「動員令」に応じた人、すなわち徴用、官の斡旋、募集の全てを強制徴用とするなら、自称被害者の数は急激に増えることでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+127

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5