イ・ナクヨン総理、外交部に激怒「もっと日本に抗議せよ!(立場文の)翻訳以外にやったことあるのか!?」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなどスマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

イ・ナクヨン総理が、外交部に激怒した、というニュースがありました。

なぜもっと強く日本に抗議しないのか、翻訳(総理が書いた立場文を翻訳して外交部HPに載せたこと)以外、やったこと何もないじゃないか!というのです。

<イ・ナクヨン総理が、最高裁の日本強制徴用賠償判決の後、韓国政府が見せた微温的な態度に苛立ち、外交部の関係者を叱責したと伝えられた・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・20日、政府筋によると、イ総理は15日、総理室の幹部会議で強制徴用判決と関連した政府の取り組みの報告を受け、異例に大いに怒った。

・・総理は「日本は対応を出続けているが、外交部は総理(イ総理自身)の立場文翻訳以外に、何かしたことあるのか」とチョ外交部第1次官がイ総理に直接外交部の対応計画を説明するよう指示した・・>

https://news.v.daum.net/v/20181120102214786?d=y

 

総理「泣くよん?」

外交部「それだけはやめてください」

 

前にも同じ趣旨を書きましたが、韓国側が講じている対策とやらは、そう考えても「裁判結果に対するもの」ではなく、「裁判結果に対する日本の反応に対するもの」です。

言い換えれば、裁判結果による国際法違反状態と、その不当さによる日本企業の損害に関する対策は全然講じていない、または必要すら感じていないわけですが。

 

しかし、外交部からすると、慰安婦財団解散の件もあるし、率直に言って「これ以上仕事を増やさないでください」状態かもしれません。

「なぜなにもしないのか」で責めるなら、外交部というより文在寅大統領を責めるべきじゃないでしょうか。

余談ですが、外交部もやったことがあるにはあります。携帯メールを送りました

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+153

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5