韓国、10億円の残りを「慰安婦歴史教育」に使う?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

昨日お伝えした「財団の解散」関連で、YTNが同じ内容を報道しながら、10億円の用途について短く書いています。

昨日のハンギョレ・京郷新聞の記事では「10億円については言及しない予定」となっていたので真偽の程はまだ不明ですが、10億円関連でこんな情報が出てきたのは初めてなので、紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・和解・治癒財団(※慰安婦財団のこと)は、日韓慰安婦の合意に基づいて、日本政府が出した10億円で、2016年7月に設立されました。この10億円のうち、44億ウォンが慰安婦生存者と死亡者遺族に支給されました。

政府は、政府予算で財団の支援金を代替した後、日本が出捐した10億円については、日本と処理方向を協議する予定です。

また、日本政府の出捐金のうち、残りのお金は慰安婦被害者の歴史教育に使うという計画です・・>

https://news.v.daum.net/v/20181121060002726

 

慰安婦関連の歴史教育といっても、どうせ「異見」が認められないから、どのみち根拠もなく日本を非難する内容ばかりでしょう。

韓国政府が、これを「慰安婦のために使う道だ」と判断し、「慰安婦合意を違反したものではない」と言い張る可能性も考えられます。

 

ただ、繰り返しになりますが、他の関連記事ではこういう内容が見当たらないし、「~処理方向を協議する~」と「~教育に使う」の二つの文章が繋がってない気もします。

その点、財団解散発表(今日とされていますが、時間はまだ不明)に注目したいと思います。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

+116

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5