キライダー

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

イーデイリーのコラムから部分引用します。

<・・日本の放送局の拒否の動きにもかかわらず盛況のうちに終了した防弾少年団の東京公演は、一つの事例にすぎない。会場を埋め尽くした観客たちは韓国語歌詞で歌い、韓流の高い人気を確認させてくれた。韓国人観光客も地震や台風の脅威にもかかわらず、列を作って日本を訪れており、若者が集まるソウルの繁華街には、日本語の看板が並ぶ。互いに理解し疎通するプロセスである。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そうならば、両国政府の間に露出された表面的な葛藤は一部に限られ反する(反韓)と半日(反日)情緒を過度に反映した側面がなくはない。内部結束を図ろうと、政治的に利用するのではという話も聞こえてくる・・これでは、韓日関係が迷路から抜け出すのは難しい・・>

https://news.v.daum.net/v/20181123060006545

 

あえて多少は無理のある例えにすると、

「刀で人を脅迫している強盗が、『ほら、この国の秩序を守るためにも、いますぐお金を出せ。そうでないと殺人事件が増えることになる。お前がお金を出さないのは、平和を愛する人類に対する挑戦だ』と言っている」ようなものです。このコラムは。

 

私は今回の「いわゆる強制徴用」判決を、「現在」に対する破壊行為だと思っています。韓国は「過去の歴史が~」と騒いでいるけど、戦後の国際社会の秩序に対するテロ行為だとする見方もできるわけでして。

過去に囚われて(しかもその過去の問題は自分でついた嘘であり、自分の嘘に自分が溺れて慟哭しているだけ)、現在を破壊する人たちが、未来志向を論ずる。

最小限の尊重も示さない人たちが、「アイドルグループのファン」と「観光旅行」を根拠に交流を論ずる。

韓国側の記事の中でも、こういうのは特にキライです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+140

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5