「没落する国の条件」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

朝鮮日報の「没落する国の条件」という記事を、メイン趣旨の部分(最初と最後)だけ、部分引用してみます。

<戦略の出発は「ここがどこで、今がいつなのか」を正確に知ることだ。前者が「地理感覚」であり、後者が「歴史感覚」である。相手を正しく知ることも、己を正しく知ることも、この二つの上で可能である。歴史は、地理感覚と歴史感覚を失った国々の墓場である・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・韓国の学校では、19世紀末の帝国主義国家が北東アジアで行った不安な競争の犠牲者が朝鮮だと教える。それは真実の半分である。ある歴史家は「外部勢力に対抗して、自分自身を守ることができなかった朝鮮の無能さが北東アジアの不安要因だった」とした。残りの半分の真実はそこにあるかもしれない。

危機の本質は、「地理感覚」と「歴史感覚」を失って、政府を市民団体のように運営する指導者と、国民の相当数がそれに迎合する現実である。聞きたくないだろうけど真実は真実である>

https://news.v.daum.net/v/20181123234424039

 

「政府を市民団体のように運営していて、国民がそれに迎合する」というのは、本当に現状をうまく表していると思います。

ただ、朝鮮の存在が「半分被害者」という見方には、私は同意できません。朝鮮は、当時、日本を含めた世界そのものに対する、「加害者」でした。単に無力なだけなら被害者という側面もあったでしょうが、そういう次元の話ではありません。あまりにも無能すぎました。見れば見えたはずのものを見ず、聞こうとすれば聞こえたはずのものを聞かず、言わなければよかったことばかり言いました。

 

私が朴正煕氏について評価している部分は、「時代の流れが読めた」ことです。彼は有能な政治家ではありませんでした。独裁者でした。韓国の保守右派は、彼を過大評価しすぎです。でも、時代の流れが読めたおかげで、それが能動的なものだろうと受動的なものだろうと、韓国という国を国際社会に復帰させることができました。そのもっとも核心となる実績が、日本と外交関係を結んだことだと、私は思っています。それが無かったなら、いまでも「韓米同盟」以外に韓国が国際社会に進出することは無かったでしょう。

それすらも、もはや「親日反民族行為」になってしまいましたが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+155

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5