米国が基本条約に圧力をかけたとする記事

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

1992年8月15日の東亜日報、今は国務総理やっているイ・ナクヨン(当時)東京特派員の記事です。

基本条約締結の際、米国が日韓両方に圧力をかけたとする内容で、元ソースはNHKだそうです。

<韓日国交正常化において、日本は最初から謝罪の意味を含めない経済協力として戦後処理を終わらせようとし、米国の介入によってそのような形で国交正常化が行われたと日本NHKが報道した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「アジアからの提訴」という題の、日本の戦後処理問題に関するこの特集報道は、李承晩大統領の頃から始まった国交正常化交渉にて両国は併合の有効性や日本側の資金の名分をおいて対立を続け、韓国側は請求権を諦められないと主張し、日本は韓国の独立祝賀金なら日本国民も納得するだろうと対立していた際、米国が介入したという。

 

NHKは61年ベトナム戦争本格介入を前に自由陣営の結束を重視し、ジョンFケネディ大統領が池田勇人日本総理及び朴正煕国家債権最高会議長と相次いで会談し、池田総理には韓国経済発展のための日本の寄与を、朴議長には日本との国交正常化を急ぐように要求したという。

特に62年になって、米国はソウルと東京の自国大使館を介し、日本には「韓国市場をヨーロッパが狙っている」と警告して韓国との協定締結を促し、韓国に対しては請求権の名分に拘らず日本の「経済協力」を受け入れろと促し、そうしないと韓国に対する援助を再考すると圧力を加えたという>

 

逆を言うと、今回の韓国の最高裁判決による基本条約の破綻は、「自由陣営の結束」という側面からして、米国及び周辺国の目にはどう映っているのでしょうか。この側面が問題の全てだとは思いませんが、気になる側面なのもまた事実です。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

+137

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5