来るな(意訳)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

最近、韓国はまた「妄言」まつり中です。

いつもは「安倍の妄言~」が多いですが、最近は河野外相をはじめ、韓国側を批判する発言が多いので「日本の妄言~」というフレーズが目立っています。特に「朝鮮半島出身労働者」と「国家としての体を成していない」にはかなりの反響(?)があります。

今日は、朝から河野外相の「きちんとした」発言で炎上中です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・NHKによると、河野長官はこの日、与党自民党議員たちと会った席でカン・ギョンファ長官の訪日について「きちんとした答えを持って来なければ、来日されても困ります」と言いました。

カン長官は22日、和解・治癒財団解散、最高裁強制徴用賠償など韓日間の外交葛藤になる事案の議論のための来日の可能性について、「今予定されていることはないが、いつもオプションとして検討中」と話しています・・>

https://news.v.daum.net/v/20181126234500006

 

韓国の反日は、「『上(善)』である韓国が、こんなに良い教育をしているのに、『下(悪)』である日本はなぜ抵抗するのか」という一方通行なものばかりですから・・

今回も「未来志向に逆らっているのは日本だ。韓国は積弊を清算しただけ」という認識にしかなっていません。

そんな中、日本の外相が、「きちんとした」と「来日されても困る」とはなしたわけです。

「きちんとした」は、評価です。すなわち、日本が評価する立場(韓国より上の立場)にあるという意味です。「来るな(意訳)」もまた同じです。

 

この側面は、河野外相の発言(きちんとした)が、韓国では「まともな(제대로 된)」に訳されることもあって、さらに強調されています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+181

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5