米爆撃機、朝鮮半島飛行中断・・「韓国側の要請によるもの」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

米軍の爆撃機の朝鮮半島飛行が中断となりました。韓国側は「韓米協議によるもの」と、米国の太平洋空軍司令官は「韓国の要請によるもの」と話しました。

毎日経済の記事から部分引用します。

<・・チャールズ・ブラウン米国太平洋空軍司令官は、韓国政府の要求に応じて、米軍の爆撃機の朝鮮半島の上空飛行を中断したと語った。地元メディアによると、彼は、米国国防総省で記者らと会った席で、「外交交渉が進行中なのに、この軌道から逸脱する行為は望んでいない」との飛行中止の背景を明らかにした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

彼は続いて「訓練規模を再調整したが、このような変化が朝鮮半島の準備態勢に影響を与えることはない」とし「韓国上空飛行が中止されただけで、日本やオーストラリアとの爆撃機の訓練はより集中的に行われている」と述べた。

※別ソースだと「(練習などでの)飛行時間の総量などは変わらない。オーストラリアや日本との訓練を増やすからだ」と話しています※

 

これと関連し韓国国防部は、「韓米間の協議で飛行中断が決定された」と釈明した。チェ・ヒョンス国防部スポークスマンはこの日の定例記者会見で、「韓国政府が爆撃機の飛行中止を要請したことがあるか」という質問に、「発言の原文を正確に見ると、韓国政府の要求と出ていない部分が少しあるだろう(※直訳です)」とし「このような事案はどちらかの一方的な決定ではなく、協議を通じて決定される」と答えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20181127174801618

 

韓国としては、「米国も朝鮮半島平和に積極的だ」というイメージを演出したかったでしょうけど、「要請」発言で効果半分になった、といったところでしょうか。

最終的に米軍側が同意したことになるから「協議した結果」となるのはわかります。でも、先に韓国側が要請して米軍側が「外交の邪魔になるならやめる」と話したのと、両国が必要性によって協議したのとはニュアンスがかなり違いますから。

違わないと出てない部分が少しはあるかもしれません。(文章合ってますか?

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+126

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5