ついに「盗スプーン」という階級が登場

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

最近、一部で「盗(盗んだ)スプーン」という言葉が目立ちます。金、銀、、、土スプーンで階級を決める「スプーン階級論」の変種です。

どういうことなのか、記事を見てみましょう。

「最近、有名芸能人たちの親に関して詐欺、債務不履行の暴露が相次ぎ、芸能界に『ビットゥー(借金を意味するビッ+ミートゥー)』の風が吹いている。しかし、疑惑の当事者すべて芸能人本人ではなく、その親であるという点から、現代版の連座制ではないのかとの論議につながっている」、と。

https://news.v.daum.net/v/20181128110334539

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この問題に対して、親の問題で子(芸能人)を徹底的に叩く流れがあり、それがある種の連座制ではないのか、との批判もある、ということです。韓国では有名人の家族関連でよからぬニュースが流れるのは珍しくありませんし。

またその反論として、「連座制ではない。子(芸能人)はその親のおかげで豊かになれたではないか。彼らは『盗んだスプーン』だ」と主張する人たちが多い、とも。

https://news.v.daum.net/v/20181122060006672

 

本ブログでは、前から「スプーン階級論は、実は親への不満の現れにすぎない」と書いてきました。韓国の若い人たちは、「私はなぜ大金持ちになれないのか」ではなく、「私はなぜ大金持ちの子で生まれなかったのか」を悔やんでいるわけです。その現れの1つですね。

 

実は高麗時代から、高官の子を官職に採用する「蔭敍制」というものがありました。この論争は決して歴史の浅いものではありません。

 

連座制と蔭敍制。法律で禁止されているけども、この二つが韓国社会から消えることは無いでしょう。なぜなら、「求められている」からです。気に入らない「ナム」を攻撃する時にも、自分の「ウリ」を出世させる時にも。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+128

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5