日本コンプレックス

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ソース記事の記者さんは、ビリヤードのことでツイートした際、「マッセイ(マッセ)」という言葉を使って、「なぜ日本語を使うのか」という非難を受けたそうです。

記者が「他の外国語は普通に使いながら、なんで日本語だけダメですか」と反論したせいで、非難コメントは次の日にも止まらなかった、といいます。

「マッセはフランス語ですよ」というコメントが入って、やっと論争が終わったとか。

その記者が書いたコラムの、一部を紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・私たちは、なぜ日本語をフランス語のように堂々と外国語として待遇できないのだろうか。理由は明らかだ。日本植民地時代を経験し、韓国語の中に日本語が知らず知らず入り込んでいるというのだ。

だから、思わず日本語を使うことは、私たちがまだ日本植民地時代から抜け出せないでいる意味だということである。これは正しいのだろうか。むしろその逆ではないだろうか。

日本の言葉をそのまま外国語として認識して使えるようになった時こそ、植民地時代を克服したと言えるのではないだろうか・・>

https://news.v.daum.net/v/20181205140003924

 

コラムのタイトルは「日本コンプレックス」です。

記者さん曰く、「ソウル大学に日本文学科(学部)が無いのも、私たちの日本コンプレックスを見せてくれる一例だ」とも。

 

確かにこういうのは、日本に対する劣等感があるのは事実です。でも、記者さんは「日本が韓国に謝罪しないのは、日本が韓国を見下しているからだ。私たちが真の意味でコンプレックスを克服しないかぎり、日本は韓国に謝罪しない」という謎理屈でコラムを〆ています。

いや、それもコンプレックスではないでしょうか。

途中まではいいコラムだったのに、残念です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

163+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5