出雲

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ここ2~3日、韓国各紙が「日本、空母保有国になる」という趣旨の記事を載せています。

それらの記事の中、「出雲」という名前を問題視したものがあったので、紹介します。

<・・出雲は、日本が独島領有権を主張し、独島の行政区域だと無茶を言っている島根県東部の古い名称である。日本は伝統的に艦艇の名を山、川、地方などの名前から取ってきたが、2013年8月の大型ヘリ搭載護衛艦を建造して「出雲」と命名した。当時、中国のメディアは護衛艦に出雲という名前をつけた日本の意図が「軍国主義の復活」を狙ったものだと強く批判した・・>

https://news.v.daum.net/v/20181210110130400?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この引用部分でもっとも「韓国らしい」ポイントがどこなのか、お気づきでしょうか。

竹島(独島)の話から始めて、「中国」が怒っていると終わるところです。実際、どこの記事を見ても、「中国との~」「中国が~」な内容ばかりで、「韓国が(日々の行いに心当たりが多すぎで)緊張している」とは書いていません。

そしてこれまた定番で出てくるものが、「日本のせいで軍費競争が起こるだろう」。

 

前にも書いたことがありますが、どうしてこうも「主語」をハッキリしないのか。

韓国人は、日常でも、間違いなく持論(自分の主張)をしながら、「~から聞いた話だけど~」という話法を用います。

反論されると「私は知らない」「~は偉い人だから間違いないよ」というふうに「逃げ」ます。

今回の、数々の「日本の空母」関連記事らも、似たような話法なのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

146+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5