焼身自殺発生・・深まる文政府と労働界の対立

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

文在寅大統領を大統領にした「功臣」たち、ろうそくショッカー・・じゃなく、ろうそく勢力。そのろうそく勢力の中で、もっとも文氏と仲が悪いのが労働界です。特に民主労総は、随分前から文政府を非難してきました。

そんな中、全国タクシー労働組合の1人が、焼身自殺する騒ぎが起きました。

大手メッセンジャーアプリを使ったカープール(Carpool、相乗り)制度の施行に反対する意味、だそうです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

あまりにも残酷な書き方ですが、私の私見ということでビシッと書きますと、韓国の労働組合は、焼身自殺を歓迎します。いくらでも補充できる組合員1人を失い、大々的な集会を起こす名分が手に入るからです。死んだ人を、「烈士」とかにして、組合員たちの「公憤」を誘うための道具にしてしまいます。

 

矢先が、メッセンジャーアプリの会社(カカオといって、かなりの大手です)はもちろん、それを許可した国土交通部など政府機関にも向けられたみたいでして。今回の件が、労働界と文政府の関係をどこまで悪化させるのか、気になるところです。

https://news.v.daum.net/v/20181210151826534?d=y

https://news.v.daum.net/v/20181210172629845?d=y

 

以下、韓国社会に限ってのことかもしれませんが・・

いくらタクシーの安い韓国でも、カープール制度を利用しようとする人なら、いまでもタクシーではなくバスを利用するのではないでしょうか。

それに、知り合い同士でカープールをやるならわかりますが(それすらもうまくいかないことが多いですけどね)、もし知り合いでもなく、単にメッセンジャーアプリ便りでカープールなどやったら、間違いなくトラブルになると思います。トラブルならまだいいけど、計画的な犯罪とか・・いろいろ・・・

いつもそうですが、今回の焼身自殺もまた、いったい何のために死んで、何を残したのか。わかりませんね。「道具」として使われる以外には、何も無いのでは?

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

139+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5