文在寅大統領「独立運動が韓国外交の根源」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

文在寅大統領が、「韓国の外交の根源は(併合時代の)独立運動だ」と話しました。

臨時政府の独立運動が外交の根源という主張は、最近の「いわゆる強制徴用問題」を意識してのものではないのか、と私は見ています。そもそも臨時政府という存在が、「併合時代は違法(臨時政府こそが真の政府)」主張とも繋がっているわけでして。

昨日(10日)、「朝鮮半島平和と繁栄の時代」というテーマで開かれた大統領府主催の「在外公館長招請晩餐会」で、大統領の演説内容、一部だけ、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・「韓半島問題は、私たちが主人であるという認識が非常に重要である」

・「世界と共に歩くべきだが、私たちが中心に失ってはならない」

・「来年は3・1独立運動と臨時政府樹立100年を迎える非常におめでたい年」

・「私たちの外交の歴史も、臨時政府と一緒に始まった」

・「1919年3月にパリ講和会議に新韓青年団代表として派遣され、独立請願書を提出した方こそがに金奎植(キム・ギュシク)先生で、先生は戻ってきて上海臨時政府初代外務総長となられた」

・「当時の外交は、民族の運命を開拓する道であり、それはすなわち独立運動であった」

・「私たちは、私たちの外交が自主的な独立精神に根付いていることを誇りに思わなければならない」

https://news.v.daum.net/v/20181210194552596

 

彼は、韓国の最高裁判決が、過去ではなく「今現在」の国際秩序を破壊していることを自覚しているのでしょうか。

彼の言う「主」や「独立」という言葉が、いや「平和と繁栄」という美しい言葉までもが、私にはただの劣等感の現れにしか見えません。

 

今日もちょっと留守にします。

次の更新は、夜になります。

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

152+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5