大統領弾劾第一号?「李承晩弾劾」号外が見つかる

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

李承晩氏は、大韓民国が臨時政府の正統性を受け継いだと憲法に決め、それからも臨時政府史観は韓国憲法の核心として君臨しました。

ですが、臨時政府の初代大統領だった李承晩氏は、実は途中で大統領から弾劾されました。あまりにも仕事をしなかったから、または米国に朝鮮半島信託統治をお願いしたのがバレたから、などなどと言われていますが・・

当時の号外がフランスから見つかった、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・今回発見された1枚の号外は「大統領弾劾案通過」というタイトルで、臨時政府議会が1925年3月18日、李承晩を弾劾した内容が含まれている。すぐ朴殷植(パク・ウンシク)が新大統領に就任した内容も書かれている。当時臨時政府は、李承晩の国際連盟委任統治案に反発して、それに対する弾劾案を可決した・・>

https://news.v.daum.net/v/20181213104421574

 

でも、私が気になったのは、ちょっと別の点です。

独立新聞は、1896年に創刊した、朝鮮半島初の民間日刊紙です。ハングルだけを使ったことで、字がよくわからない人にも読みやすく、そこそこのシェアを取っていました。なんで独立新聞が上海で号外を発行したのでしょうか。それに、臨時政府の大統領弾劾が独立新聞の号外になるほど話題だったのでしょうか?

気になったのは、そっちでした。

 

・・でも、記事をよく読んで、そしてちょっと調べてみたら、ここでいう独立新聞とは、朝鮮半島初めての日刊紙である「独立新聞(1896年)」ではなく、臨時政府が勝手に同じ名前で発行していた新聞のことだそうです。臨時政府は1919年からです。

しかも、よく見ると号外の「独立新聞」の部分だけ、ハングル表記になっているのがわかります。独立新聞(1896年)は、ハングル専用の新聞でした。知らない人が読んだら、「あ、独立新聞の上海版か」と思ったことでしょう。

 

とりあえず、弾劾の正統性だけはちゃんと受け継いでいるようで、不幸中の不幸いです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

44 Replies to “大統領弾劾第一号?「李承晩弾劾」号外が見つかる”

  1. 難しいことはよくわかりませんが、昔アマチュアが政府ごっこをしていたのが、今は政府じたいがアマチュア化している…。

  2. 弾劾が号外の理由だけど,後ろ二つの記事も気になる.私はハングルが読めんし,漢字も潰れているが軍事関係の記事なのかな?

    で 独立新聞,なんか餌を蒔かれたような w  元のは,独立門を造った独立協会の機関紙といえ,創刊には日本の支援も受けた新聞らしい.まさに 最初の独立も統治機構は継承されていた.

    臨時政府も日本から統治権の移譲を狙っての設立ではないか.それは日本統治期を違法とするものにはならない.両班の思想には戦闘による主権の奪取は弱く,既にあるシステムの上に立つ発想なのではないか.

    色々な意見や錯綜があったのだろう.弾劾もそうだけど,内部抗争で自分達だけではまとめきれない.結局,より強く外国の支援を受けた者が主導権を握った.

    北だってソ連と中国の支援が無ければ成立してない,まぁ そんなのの繰返しなんだろうね.文タンも北朝鮮という自国外勢力の,直接あるいは間接に支援を受けたとも見れる.再び呑み込まれるのかも知れない.

    後世の歴史家が どう見るかは,わからないけどねぇ

  3. 弾劾されたというよりも、諸外国に対しての「近代法治国家アピール」でしょう、法を持ってるとか守っているとかの(笑)

    白人と結婚して英語圏受けが良かった人李承晩
    まあ同時代の英語圏受けが良かった孫文とどちらが○○なんでしょうかね
    国共合作・内戦の背後で蠢いた「赤色謀略」 //ironna.jp/article/1064 元台湾人の黄さんが書いた物です

  4. 白将軍なんかは李承晩が韓国に必要な人間とか言ってたらしいけど、
    虐殺に走ってでも反共に突っ走るような狂人がいないと朝鮮人は
    あっという間に赤化してしまう危機感からだったかもしれない。

    臨時政府内で反共を掲げてた人間は少なそうな気がするから
    李承晩が弾劾されたのはその辺が理由なような気もする。
    そもそも反共の人間がアカを率いてる臨時政府の存在が
    矛盾だらけで空虚というか滑稽なんだけど。

  5. 目眩く学生運動家の世界にようこそ。

    て感じですね。ある意味で韓国は理想的な世界のような気がしてきました。

  6. 先生、元記事の「在仏独立運動家」が気になります。
    御子息が今回の発見をされたようなのですが、まだフランスにおいでなのでしょうか。

  7. 知らない人向けに、あえてwikipediaのコピペを貼ろう。

    臨時政府(政府首班)

    大統領:李承晩1919-1925 / 朴殷植1925
    国務領:李相龍1925-1926 / 洪震1926 / 金九1926-1927 / 李東寧1927-1933 / 梁起鐸1933-1935
    主席:李東寧1935-1940 / 金九1940-1947 / 李承晩1947-1948
    副主席:金奎植1940-1947 / 金九1947-1948

    第一共和国
    大統領:李承晩1948-1960
    副統領:李始榮1948-1951 / 許政(*)1951 / 金性洙1951-1952 / 張沢相(*)1952 / 咸台永1952-1956 / 張勉1956-1960 / 許政(*)1960

    第二共和国
    許政(*)1960 / 尹潽善1960-1962 / 朴正煕(*国家再建最高会議)1962-1963

    第三共和国
    朴正煕1963-1972

    第四共和国
    朴正煕1972-1979 / 崔圭夏1979-1980 / 朴忠勲(박충훈)(*)1980 / 全斗煥1980-1981

    第五共和国
    全斗煥1981-1988

    第六共和国
    盧泰愚1988-1993 / 金泳三1993-1998 / 金大中1998-2003 / 盧武鉉2003-2008 / 高建(*)2004 / 李明博2008-2013 / 朴槿恵2013-2017 / 黄教安(*)2016-2017 / 文在寅2017-

    李承晩は、上海臨時政府の首班となったが、仲間割れから弾劾され、国籍のあったハワイに逃げた。

    米国の官僚に対し「われわれ朝鮮は、国際社会で泣いている子どもと同じだ。われわれが望むのは、正義と公正だけだ。泣く子は、時や場所をわきまえない。朝鮮は、諸大国が集まりさえすれば、時も場所もわきまえることなく泣き立てるだろう」と語った[13]。

    wiki 李承晩
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%89%BF%E6%99%A9

    このころから、韓国では外交はこうなんですよねぇ。

    1. また李は中国国民党に人脈を育てており、マッカーサーに彼を強く推奨したのは蒋介石だった。[14]李はマッカーサーの専用機に搭乗して帰国するやアメリカの意を受けて建準とも臨政とも距離をおき、反共統一を掲げた。朝鮮には他に有力な反共の右派が存在しなかったこともアメリカの支持を受けた理由の一つだったと思われる。即時独立を求める民族派の金九や中道派の呂運亨、左派の朴憲永といった有力活動家がアメリカと正面から対立する中で、李はアメリカ軍政をある程度容認していた事も大きい[15]。
      (同wiki)

      つまるところ、李承晩はアメリカに連れてこられ、アメリカに国を売ることで、他のライバルを蹴落として権力を手に入れたんですよ。そして反対者は暗殺、虐殺。

      韓国という国は「アメリカの傀儡国」であり、まったく最初から正統性に欠けているんです。むしろ不当性の極まった国というか。

      こういうことを言うと、七誌は北のスパイとかいう馬鹿があらわれるが、これが事実なんですよね。

      1. 高宗の政治を、日本への売国と非難しながら、自分はアメリカ人となり、アメリカに国を売り払って権力を得た両班くずれの李承晩。

        韓国という国にはまったく正統性などはないのです。最初から内輪争い、他国を引き込んでの傀儡と暗殺と虐殺の歴史。

        まあ、アメリカの傀儡政権だから、アメリカは韓国に対して日本に頭を下げさせてきたってわけですが。

        1. ま、そうなんだけど。

          時代も変わり日本との戦争を悔やんでるアメリカもあるよ。
          日本とアメリカは強く結びついてる。
          ヒダリマキうんこは違うけどね。

      2. いつもズレてるけど、そうしたことでスパイとか言われてるわけじゃないよ。
        事実関係を述べてレッテル貼りするのは、常連の中では七誌さんくらいしかみていません。
        その先でしょう、言われてのは。

        (・、・`) 傀儡だけど、全然傀儡じゃないのですよねー。反抗的な傀儡?ケシカラン傀儡?

        1. 飼い主の手を噛むのは、いつもの朝鮮人。
          それ以外の説明はいらんでしょう。

      3. 違う違う、『七誌を北のスパイ呼ばわりする馬鹿』じゃなくて、『七誌が馬鹿』なんだよ
        悔しいだろうが仕方ないニダ

      4. まず、大きな誤解があるw

        北のスパイw
        彼らは基本、優秀であろう。
        軍事力が弱いから、諜報活動は優秀でないと国家が存続できない。

        七誌さん、あんたは優秀か?
        北のスパイとしての素質があるか?

        ここで言う「北の工作員ではないか?」の意味は、「結局、北が望む方向に意見誘導しているだろ?」ということに他ならないw
        それだけだ。
        読みが浅いんだよねw

        1. それだけじゃ無いよ、このブログ自体が存続の危機に陥る様に為る事も、工作員の腕次第!。(笑)
          私が、七誌君を「北の工作員」と呼ぶ理由は、彼の論説で韓国と日本の悪口を言うが、北の悪口は言わないからだ。(笑)
          北に忠誠を誓った輩は「違うな!。」と、私が感じてるから。
          シンシアリーさんが、北の話題(北にとって拙い話題ほど)をだすと、七誌君はコメントスルー。(笑)
          判り易いんだわ・・・。(笑)
          以前は「それでも、韓国は米国側に戻ってくる。」が持論だったし、自らの持論に反対する者に「馬鹿呼ばわり」していた。
          ここに来て、韓国は(中国に)行ったきり状態を自覚したらしく、持論を替えてきた。
          以前は「断交反対」だったが、今は「断交」を持論としている。
          私自身は、断交を支持してるけどね。(笑)
          七誌君の特徴は、此の掲示板で持論展開しか考えて居ない事だね。
          多くの読者が書き込んでいるが、七誌君が異彩を放っているのは、多くの読者が認める所だと思う。
          私自身も掲示板に書き込んでいるが、多くの場合「皮肉」だ!。(笑)
          正確には、韓国に対する皮肉で、シンシアリー氏に対しては、韓国が理解出来た事に感謝している。
          以上だ。

      1. >あえてwikipediaのコピペを貼ろう。

        wikipediaったってこんなもん、糞だと言ってるんだけど。
        これみてそうなんだと思うバカが多いと暗に言ってるだ。

        第一共和国(これも大韓帝国から見れば逆賊)のところの前に臨時政府(政府首班)てつけてるけど、
        ま、大きく持ち上げてもオーム真理教のままごと遊びにも届かないかな。

  8. 上海のエロ雑誌社で仕事の合間に社代表を辞めさせただけで、詰まらん便所のケツフキガミ一枚落とし損ねてただけじゃろ?

    誰も知らんて。

コメントは受け付けていません。