米朝、遺骸(遺骨)送還協議を中断

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

早くも「なつかしい」感じもしますが、トランプ大統領と金正恩委員長が首脳会談で話した米軍の遺骸(遺骨)送還の件、ついにその協議も中止となりました。スターズ・アンド・ストライプス(海外駐屯米軍のための新聞)の報道を引用し、アジア経済が記事を載せています。

<韓国戦争で死亡・行方不明になった米軍遺体の送還と発掘のための米朝間の交渉が、難航している。非核化交渉が膠着状態に陥った影響だとみられる。遺骸送還は、非核化とともに、ドナルド・トランプ米国大統領が金正恩北朝鮮国務委員長と首脳会談で合意したと強調してきた事案である。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

13日(現地時間)、スターズ・アンド・ストライプスは、チャールズ・プリチャード米国防総省捕虜・行方不明者確認局(DPAA)スポークスマンの発言を引用して、米朝間の遺骸引き渡し交渉が一旦中断されたと発表した・・>

https://news.v.daum.net/v/20181214092808471?rcmd=rn

 

トランプ氏、この件をかなりの成果として強調していましたが・・いまどんな気持ちでしょうか。

6月、トランプ氏はツイッターで「米軍2000人」分の遺骸が送還されたと話し、「金正恩が彼の国を偉大にするだろう」とも話しました(これはトランプ氏がちょっと早とちりしたようで、その後に実際に米国側に引き渡されたのは55体だけでした)。

南北は、朝鮮戦争で亡くなった軍人の遺骸を共同で発掘すると合意しています。

 

 

おかげさまで、無事VISA(在留資格など)が更新できました。いままでは1年ずつでしたが、今回は3年物が取れました。ありがとうございます。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

37 Replies to “米朝、遺骸(遺骨)送還協議を中断”

  1. そもそも北朝鮮が、70年近くもアメリカ兵の遺骨を
    きちんと保存しているとは思えません。

    金日成の段階で、適当に埋めているか
    バラバラにして豚の餌にしているかでしょう。

    その根拠は、済州島
    1948年4月3日武装蜂起事件
    韓国軍は、島民の住む村を襲うと若者達を連れ出して殺害するとともに、少女達を連れ出しては、2週間に渡って輪姦、虐待を繰り返した後に惨殺したと言われている。
    朝鮮戦争となると「朝鮮労働党党員狩り」は熾烈さを極め、1954年9月21日までに3万人、完全に鎮圧された1957年までには8万人の島民が殺害されたとも推測される。
    保導連盟事件が起きると本土と同様に刑務所で1200人が殺害された。
    海上に投棄されていた遺骸は日本人によって引き上げられ、対馬の寺院に安置されている。
    遺骸の扱いが本当にひどかったのです。

    アメリカに返す約束をしたけど、返したくともちゃんと保存してないのが実情だと思います。

  2. マッカーサーも、そうでしたが……

    (・∀・)韓国人(朝鮮人)の真の酷さというのは
    実際に現場で対応したモノにしか理解できません
    なぜなら、常識外れが酷すぎて
    まともな常識を持った者には、その異常性が到底信じられないからです

    ただ、自虐性のある日本人より、合理的な西洋人は理解だけは早いかもしれません
    あの、黒人である事だけが唯一の取り柄であった無能オバマでさえ
    後期には韓国の言い分に辟易していた感がありました

    今回の事で、特亜に甘々のトランプでも
    流石に、異常性は理解出来たと思いますよ

    朝鮮人に言う事を聞かせる為には
    喉に銃剣を突きつけるか、額に銃口を押し当てるしか無いって事をね

    1. >祐@知れば知る程嫌いになる民族の異名は伊達では無いって事よさん

      韓国人の異常性 というより、

      朝鮮民族には、約束を破ることに罪悪感は無い。

      というだけかと

  3. トランプは「やっぱりね」と思うだけでしょう。
    リップサービスはタダだし、あの時は中間選挙に向けて点数稼ぎもしたかった。

    ただ、北の黒電話は非核化などについて、事実上放棄していながら公式には非核化を否定していない状態で、アメリカとしては制裁を徐々に強めるぐらいしか今のところ手がないと思います。
    ・・・なんか、南の天災大統領とやり口が似てますね。

    こういう状態を普通に考えれば、引き伸ばしても制裁が続くだけで、黒電話自身で自分の首をしめているだけのはずなのに、動かないのが不思議。

    黒電話は、
    1 人民なんか何人飢え死にしても関係ない
    2 いくつかの『どこかの国』から様々な手段で細々ながら食糧・燃料を確保している
    ということでしょうね。

    2の中の『どこかの国』に日本(の中の北勢力)が入っている可能性が非常に高いのが悩ましいです。

  4.  トランプ大統領は、中間選挙のために、あたかも交渉が上手くいっているかのように振る舞っていましたね。今は、中共を締め上げる方を、優先しているように見えます。
     しかし、トランプ大統領を舐めてはいけない。北の動きを注視しているし、経済制裁も続いてる。場合によっては、軍事的圧力の方針に戻るかもしれないし、金王朝体制の排除に出る可能性だってある。

  5. アメリカも、遺骨送還協議、なんて無意味だということに気づいたのですね。まあ良かった。

  6. さすがにアメリカだってこんなんうまくいくなんて
    最初から思ってないような気がする。
    でもアジアに無知、無関心のアメリカだしなあ……。

    トランプ政権の半島理解はどうにもいびつなんですよね。
    オバマ政権みたく全く何も知らないというわけではなく
    何をすれば怒り出すかとか、そういう部分的な理解は
    抑えているようにしか思えないところもあるし。

  7. トランプからクリスマスプレゼントが届いたりして。
    中身は ミサイルかも。

  8. ここんとこ米朝と言わずあっちもこっちもガタガタしてて、国際関係がカオスの様相ですね。
    なんか東西冷戦時代が妙に懐かしいような。

    1. 世界全体の協調とか諦めたら、日本にとっては冷戦構造があった方が都合いいんだよね…。

コメントは受け付けていません。