韓国シンクタンク「来年、韓国は米国と北朝鮮のどちらかを選ばなければならないだろう」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国のシンクタンクとしてはかなりの大手となる峨山(アサン)製作研究院が、「来年、韓国は米国と北朝鮮の中で、どちらかを選ばなければならないだろう」という報告書を出しました。

いまさら、な気もしますが・・聯合ニュースの記事から、部分引用します。

<外交・安保中心の民間シンクタンクであるアサン政策研究院は、19日発表した「2019国際情勢の展望」報告書にて・・「韓国、北朝鮮、米国は対話を続けるだろうけど、非核化の手順と内容に関する疑問は続くだろう。この過程で韓国政府は、北朝鮮の交流協力拡大要求と米国の制裁遵守要求の間で、かなりの圧迫を受けるだろう」と予想した・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・研究院はまた「ムン・ジェイン政府は、韓米共助を形式的に続け、北朝鮮の機嫌取りを試みるだろけど、北朝鮮の不満が大きく表出される場合、北朝鮮と米国の間で、選択の瞬間を迎えることになるだろう」とし「韓米同盟の運命も選択の岐路に立つだろう」と展望した・・>

https://news.v.daum.net/v/20181219114635050

 

基本的には「イマサラ」な内容ですが、「韓米同盟の運命が決まる」のは確かに気になるところです。

韓国人は(文在寅氏の考えは違うかもしれませんが)、なぜか米国が朝鮮半島の平和路線に積極的に賛成していて、韓米同盟もそれを望んでいると信じ込んでいます。だから「北朝鮮と平和路線を続けても、韓米同盟にはなんの問題もない」としています。毎日のように「米国は制裁を続ける」というニュースが流れているのに、なぜこんな認識になるのか、理解に苦しむ話です。

「考えるな。後頭部で感じろ」と書けば合ってるようなそうでもないような・・

 

個人的に、2020年前にも可能だと言われている、戦時作戦統制権の譲渡が気になります。それは韓米同盟の大きな「分かれ道」になり、韓国の安保政策を根本的に揺るがすことになるでしょう。

強いて言えば、もし後で保守右派大統領が現れたとしても、北朝鮮に対する強硬路線を取るのは難しくなります。外交と安保を別々に考えることはできないでしょう。

それでも、韓国社会はなんの危機感も見出さないでしょう。むしろ、北朝鮮の核が韓国(高麗連邦?)の所有になると喜ぶのではないでしょうか。「韓国が北朝鮮の核の所有になる」という現実には気づかないで。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

152+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5