ポヨン成長ポヨン社会ポヨン民主主義

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

聞くどころ、大統領が配った年賀状(かなにか)にも書いてあったそうですが・・前に本ブログでも紹介した「ポヨン(包容)国家」政策が、本格的に始まるようですポヨン。うまくいくか心配でありますポヨン。

今日、政府レベルのシンポジウムが予定されていて、そこでも「いままでは多数の国民が経済発展の成果から排除された。革新的なポヨン国家は、全国民を排除していない国だ」とし、ポヨン成長・ポヨン社会・ポヨン民主主義などの概念を具体化しなければならないと強調する予定である」、と。

https://news.v.daum.net/v/20181219175605976

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

どうでしょう。包容する心が足りないのか、私にはこれが「韓国社会の『上』の人たちを引きずり下ろしての平等作り」に見えます。なにせ、お金が必要になりますから・・

前のエントリーでは訳していない部分ですのですこし(過去エントリーのソース記事から)追記致しますと、政府が主張するとおりに包容国家という概念を受け止めるとすると、

政府が積極的に市場に介入して、賃金の分配の役割まで引き受け、成長を促進しようとするものであり、経済学的に類を見ないもの。そもそも『革新的』という修飾語は、政府が主導してなんとかなるものでもない」ということでして。「言葉の心地よさだけはすごくいいが、現実としてはどうよ」とも。

 

これって、いわゆる『上』さんたちから奪うしかないでしょう。福祉の名分で。いままでは所得主導成長(最低賃金の瀑上げなど)で、「『下』を押し上げる」ことを目指していたけど、それが見事に失敗し、「じゃ、『上』を引きずりおろしてやる」にしただけではないでしょうか。

同じく過去エントリーの記事から引用しますと、国家が年金基金の運用などで得た富を福祉政策に使う「包容的成長」と、社会主義国家をゴチャマゼにしているわけです。

さらに、ちょっと邪推がすぎる気もしますが・・その「ポヨン」の範囲に、北朝鮮の人たちは入っているのでしょうか。将来的には、視野に入れているのはないでしょうか。南北含めての「一人も排除しない福祉」を。

もしそうなら、北朝鮮の人たちに必要なのはポヨン民主主義ではなく、「ザユ(自由)民主主義」でありましょう・・

 

 

↓アマゾンページに簡単な目次と電子書籍版が載りましたポヨン!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

118+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5