米、日本の新しい「防衛計画の大綱」を支持

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国では連日、「日本が空母を保有する」とするニュースが報道されています。

ただ、その内容は「韓国が不満を表した」より、「中国と周辺国、そして日本国内が反発している」というものが目立ちます。

例えば今日の中央日報もまた、「日本内の世論と周辺国が反発している」と書いています。韓国という主語を使わず、周辺国の中に埋め込んでいるわけです。その周辺国の中で国名を明らかにしたのは中国だけです。当然ですが、中国は日本の新しい防衛計画の大綱に不満を表しています。

https://news.v.daum.net/v/20181220071015039

そんな中、米国務部が、日本の新しい防衛計画の大綱を支持しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ダナ・ホワイト、米国防部スポークスマンは18日(現地時間)、自分のTwitterを使って「国防部は、日本の(改正)防衛計画の大綱と(次期)中期防衛力整備計画を支持する」と述べた。

続いて「私たちは、地域と国際安全保障活動でより大きな役割を実行するための日本の努力を支持する」と「インド太平洋地域の平和繁栄を確保するために、私たちの同盟国との協力を期待する」と付け加えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20181219161004506

 

朝鮮日報はこの件で、「直接『国防部』を言及しながら、日本の新たな防衛計画の大綱に支持を示したものである」としています。ダナ・ホワイト氏が主語を「私」にしたなら、個人的な見解だと見ることもできます。しかし、氏は日本を支持する主体を明らかに「国防部」と示しています。中国もまた、いうまでもなく、不満を表すのは「中国」としています。

なぜ韓国だけが「主語」を隠すのか。そういうの、最終的には両方からもっとも嫌われるだけではないでしょうか。

余談ですが、22日には初めての日米英海上連合訓練が行われます。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

137+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5