韓国日本研究院教授「日本がアジアをナムにしている」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ある本の紹介記事に、(その本に書いてある内容だと思われますが)高麗大学の研究教授が「日本は、アジアを他者化している」とする主張が載っていたので、紹介します。

<・・オ・スンフイ、高麗大学日本研究院の研究教授は、「強い日本をのためのアジアの他者化」で、安倍がグローバル外交を展開しながらも、中国、韓国、北朝鮮など、最も近いアジア諸国とは対立を量産する理由を説明している。これは安倍が強い日本を作るために、アジア諸国を他者化しており、脅威的で葛藤的なアジアが、安倍の国家戦略に役立つという点を政治的に利用していると主張する・・>

https://news.v.daum.net/v/20181220110032019

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「アジア」という言葉にも大勢の国々が含まれますが・・その中で中国、韓国、北朝鮮だけを例示している時点ですでに何かが派手にズレているのは容易にわかります。

気になるのは「他者化」という言葉ですが、これは韓国ではあまり耳にしない表現です。これって、ひょっとして「ナムにする」という趣旨ではないでしょうか。じゃ、ソース記事が紹介している研究教授の主張は、日本が韓国、北朝鮮、中国の『ウリ』になるべきだ、という主張にもなるのでしょうか。もしそうなら、「ウリにしたところで得が無いから」で終わりです。

 

さらにちょっとひねくれた見方をすると・・この教授は、内心、「韓国は、北朝鮮や中国と『ウリ』である」と思っていたことになるのでしょうか。だとしたら、その部分だけは、現状をうまく把握しているとも言えましょう。

まだ太平洋戦争になる前、中国側の人たちは日本が欧米陣営と手を切るべき理由として「同じアジアの国家だから」を主張していました。もちろん彼らが言うアジアは、中華(中国)を中心としたものを意味します。

いまだ、「アジア」という言葉を使って、太平洋戦争前の中国と同じレベルの主張しかできない人が、日本研究の専門家である。それが韓国の今日このごろですポヨン。

 

 

↓アマゾンページに簡単な目次と電子書籍版が載りました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

138+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5