韓国軍「日本自衛隊機が韓国軍艦艇を脅威する飛行をした」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国軍関係者たちが、ついに「日本自衛隊機が艦艇を脅威する飛行をした」と言い出しました。

中央日報の記事から、から部分引用します。

<・・軍消息筋によると、むしろ日本の海上哨戒機が海軍駆逐艦の上を飛ぶなど、脅威的な飛行をした。この過程で、日本の海上哨戒機は、無線で国籍と正体を明らかにしなかった。キム予備役少将は「いくら公海といっても正体を知ることができない軍用機が近づいてきて、また艦艇の上を飛んだなら厳然とした敵対行為だ」と述べた・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・日本の海上哨戒機であるP-1は、独自のEOTS(電子光学追跡装置)でSTIR180(火器管制レーダー)の動きを確認したものと思われる。読売新聞は「当時P-1乗組員が(国際商船通信網を介して)広開土大王艦に『火器管制レーダーを捕捉したが、どういう意図なのか』と尋ねたが、反応がなかった」と報道した。

これに対して(韓国)海軍の関係者は、「日本の哨戒機は、国際商船共通網に韓国海洋警察を呼び出した。通信状態も非常に良くなかった」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20181223184738175

 

一部の韓国マスコミは、新しい防衛大網に説得力を正当化するため、日本が「友好国も潜在的な脅威になりえる」という世論戦をしかけている、と報道しています。

https://news.v.daum.net/v/20181223181808887

 

何を言っているのかわかりませんね。哨戒機が韓国艦艇に連絡したかどうかなど、日本側はすでに通信記録を把握しているはずですが。

こんなときにも「被害者」になろうとする韓国(軍)の姿が、本当に虚しいかぎりです。

 

 

↓アマゾンページに目次と電子書籍版が載りました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

188+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5