慰安婦神、強制徴用労働者神

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

いわゆる「強制徴用労働者の像」、明日発売となる<「徴用工」の悪心>の表紙にも入っているあの像ですが・・

その像、もともとは釜山の慰安婦像のとなりに立てようとしていたものです。でも、警察が止めて、いまは別の場所にあります。

今日、それを慰安婦像のとなりに持ってきて(一時的に)、来年こそ絶対に慰安婦像のとなり、日本領事館の前に立てるぞ!というパフォーマンスがありました。

キャプチャー・情報ソース:聯合ニュース

https://news.v.daum.net/v/20181226134947120

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

この件、慰安婦団体でも、反対する声があると聞いたことがあります。慰安婦団体からすると「せっかくいい場所でいい稼ぎしているのに、邪魔するな」といったところでしょう。

強制徴用労働者像は、早ければ来年3月1日に、日本領事館の前に運ぶとのことです。

 

韓国では、「明らかに自分より上の存在(親など)」に対して、クンジョルといって、↑写真のようなポーズをします。土下座みたいなものです。

祭祀など、「神」に対しても同じことをします。

慰安婦像は、もはや神の領域、といったところでしょうか。強制徴用労働者も。反日教の神様。

しかし、慰安婦像といい、労働者像といい・・本当にセンスが無いな、としか思えません。慰安婦像に靴下はどうやって履かせたのだろう、とちょっと気になります。

 

 

 

↓アマゾンページに目次と電子書籍版が載りました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

129+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5