カン・ギョンファ長官、外交部会議で「考えてから話せ」と怖い顔

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

外交部の会議で、カン・ギョンファ長官が「重い雰囲気の中、『考えてから話せ』と言った」というニュースがありました。

<・・米朝間の非核化交渉、日韓の対立増幅などで、外交が窮地に陥った中、カン・ギョンファ外交部長官が最近、幹部会議で「口の取り締まり(※安易に話さないよう注意すること)」に出て、注目を集めている・・

・・米朝及び日韓関係などでlow-key(消極的に対処する)で緊張管理に集中しなければならないことが多くて、長官が「内部管理」に出たと思われる・・>

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

長官が言った『口の取り締まり』とは、「考えてから話せ」だそうです。これは、かなり異例なことだ、とも。

普通、外交部から何かの保安情報が漏れた場合に、長官が似たようなことを話すことはあっても、最近はそんな案件もありませんでした。また、1年の最後の幹部会議では職員を励ますことが一般的なのに、この日がやけに重い雰囲気の中で会議が進んだとか。

記事はこの件で、「身動きが取れなくなりつつある韓国外交の実情が、その理由ではないのか」としています。

https://news.v.daum.net/v/20181229044442394?d=y

 

また、記事は「日本もそうだけど、結局は米国(非核化問題)を意識しての注意ではないのか」というふうに書いていますが、米国関連だと、夕刊フジが今回のレーダー照射の件で「米軍もかなり怒っている」という記事を載せました。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181228/soc1812280011-n1.html

こちらもまた、カン長官が「口の取り締まり」をした一つの理由でありましょう。

米朝関係、非核化協議が進展しなくなった今、韓国は北朝鮮の味方なのか?という不満が大きくなっている米国。レーダー照射の件は、日本だけでなく米国にも、さらなる不信感をもたらしたはずです。

 

長官「考えてから言え」

部下「何も考えていない私はどうすれば」

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

169+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5