安倍総理「ルールを守らないと、大きなマイナスになる」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

日本の新年は「明けまして~」で、韓国の新年は「アベまして~」で始まりました。

中央日報の記事ですが、安倍総理がラジオ番組に出演し、「共に作ったルール(国際法)を守らない国は大きな損をする」と、櫻井よしこさんが「国際社会はルールを守る国とそうでない国に分かれて戦うことになった」と話した、とのことです。

中央日報が「単独記事・安倍、新年早々韓国を狙い撃ち」と報道しています。でも、櫻井よしこさんは「韓国」と話しましたが、安倍総理は「韓国」とは言っていません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<桜井よしこ「私たちが見るに、キム・ジョンウン氏もかなり変な人ですが、今回の南の韓国最高裁が出した(徴用)判決は、あまりにも変だった。世の中には本当に多くのリーダーがいて、国際社会(外交)は本当に難しい」

安倍晋三総理「国家のリーダーが国益を一番重要視するのは当然だが、同時に『一緒に作ったルール』は、一緒に守っていかなければならない。ルールを守ろうと努力することが重要である」

日本の安倍晋三総理が2019年新年早々に報道された特集対談から韓国への批判の水位を高めた。1日産経新聞とラジオ放送ニッポン放送に紹介された「新春対談」であった。バイオリニスト五嶋龍、右翼女戦士と呼ばれる保守派ジャーナリスト櫻井よしことの対談自体は先月中旬行われた・・

 

・・安倍総理は明示的には「韓国」を指していないが、「国際法をはじめとする国際社会のルールを互いに守るのが基本だ」と答えた。また「自分がしたいことだけをすると、国際社会は発展しない」、「ルールを守らなければ、自分の国に多大なマイナスになる」、「短期的にはマイナスが発生しないかもしれないが、中長期的には、間違いなく発生する」と主張した。

桜井は「国際社会は、もうルールを守る国とルールを守らない国に分かれて戦うことになった」と話した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190101151326999

 

記事のニュアンスからして、韓国が『ルールを守らない』側だとする自覚はあったみたいで不幸中の幸いです(笑

「ルールを守る国と守らない国に分かれて戦うことになる」。本当にグッとくる言葉です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

170+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5