いわゆる強制徴用被害者、新日鉄住金の差し押さえ申請・・三菱の場合「特許」など無形資産の差し押さえも

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

いわゆる強制徴用問題で、代理人団(弁護団など)が新日鉄住金の韓国内財産の差し押さえ手続きに入りました。

また、三菱重工の場合は韓国内に資産がほとんど無いため、自称被害者たちは特許など三菱の無形資産の差し押さえに入ると明らかにしました。

MBCと中央日報から、それぞれ部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・日本強制徴用被害者代理人団は、最近、「新日鉄住金の国内資産を差し押さえてくれ」と裁判所に強制執行を申請しました。代理人団が差し押さえを申請した財産は、新日鉄住金とポスコが設立した製鉄リサイクル企業P&Rの株式であると知られました。新日鉄住金が保有しているP&R株式は時価110億ウォン分と推定されています・・>

https://news.v.daum.net/v/20190102121310457

 

<・・日本の強制徴用被害者側の弁護人は2日、「最高裁の最終判決があったにもかかわらず三菱(三菱重工)は、被害者に賠償金を支給しないでいる」とし、「有形資産はほとんど隠匿しているが、国内に残っている三菱の特許権など無形資産を見つけ強制執行に乗り出す方針だ」と明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20190102134352290

三菱重工の韓国内特許は、約100件だと言われています。

まだ結果はわかりませんが、日本の企業の『実害』が近づいたと見るべきでしょう。日本政府の対応がどうなるのか、注目したいと思います。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5