テ・ヨンホ氏「米朝首脳会談はしばらく難しいだろう」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

また北朝鮮に関する内容です。

韓国に亡命した元イギリス大使館公使テ・ヨンホ氏が、金正恩氏の新年辞を聞いて「しばらく米朝首脳会談は難しいだろう」と予測しました。

ニュース1の記事から部分引用します。

<・・テ・ヨンホ元英国駐在北朝鮮公使が、金正恩北朝鮮国務委員長の新年辞と関連して、「(2次)米朝首脳会談の開催は、当分の間、難しく見える」と話した・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・テ・ヨンホ元公使は前日発表された金委員長の新年辞を分析、「米国に対し、核保有国の地位を認めさせ、制裁緩和を狙う意図が明らかである」と指摘した・・

・・彼は「二国間の新たな関係を確立して朝鮮半島に恒久的で強固な平和体制を構築して、完全な非核化」(※という新年辞の内容)について、「制裁解除と韓国戦争平和協定が非核化の前提という意味」と説明した・・現在のところ、2次米朝首脳会談は難しいほど、米朝間の立場差が大きいという説明だ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190102091026143?rcmd=rn

 

何が問題なのかというと・・この手の意見があまりにも珍しいという点です。

韓国では、金正恩氏の訪韓や米朝首脳会談(2回目)は「あとすぐ。年内(2018年内)かどうかの問題」以外の意見は、ほぼ見つけることができません。訪韓はそうだとして、米朝首脳会談の自信はどこから来たものかと。

テ・ヨンホ氏の指摘も、日本の朝日新聞とのインタビューで話した内容となります。氏は北朝鮮が名指しで非難したこともあり、かなりマークされていることでしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

111+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5