韓国国防部長官、日本に謝罪要求する前日に「天安艦爆沈と延坪島砲撃で北朝鮮に理解を示す必要がある」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国のチョン・ギョンドゥ国防部長官が、北朝鮮の天安艦爆沈や延坪島砲撃などで「理解を示すべき部分がある」と話して、話題(?)になっています。

<チョン・ギョンドゥ国防部長官が1日、北朝鮮の金正恩国務委員長がソウルを答礼訪問する場合、まず天安艦爆沈と延坪島挑発に対する謝罪をしなければならないという主張に対して、「一部我々は理解をしながら、将来のためにやっていくべき部分がある」と述べた・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・「現在の南北関係は、今後の将来を見て、私たちが実質的に非核化を達成し、また恒久的な平和を定着させることが重要である」、「そのため、過去のそのような部分については、明らかに私たちも考えている部分はあるものの、これからうまくやっていけるという次元で、いくつか、私たちが理解を示しながら、将来のためにやっていくべき部分があると思う」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190102063425460

 

「部分」が多すぎる気もしますが(直訳です)、その部分はおいといて、

これが、昨日、日本に脅威飛行を謝罪せよと要求した韓国国防部の長官の見解です。

今日になって、国防部は「犠牲になった戦友たちを忘れない」「北朝鮮は責任措置を取るべきだ」と火消しに走った部分がある、とのことです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5