韓国マスコミ『映像公開で、日本を黙らせた』なニュアンス(※追記しました)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

手当たり次第で読んだ韓国側の記事・・その読後感(?)ですが、韓国側は「これで勝った」な雰囲気です。

例えば、ニューシースの記事だと「韓日間「レーダー葛藤」と関連して、韓国軍が日本の一方的な主張に反論する映像を公開したことで、今回の事態に終止符を打つことができるか注目される」とか。

https://news.v.daum.net/v/20190104164144023

ソウル経済だと「国防部がレーダー葛藤で反撃に出た」とか。

https://news.v.daum.net/v/20190104222812149

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

それらの中でも、「日本が何も言えないでいる」とする内容が、特に目立ちます。

例えば、MBCの報道ですが・・「レーダー映像に日本が何も言わないでいる。なぜ?日本でのマスコミ報道も消えた」、としながら、安倍総理が新年記者会見でこの件を言及しなかったことで、「やっぱり、何も言えないのだな?」なニュアンスです。もちろん露骨に『日本を黙らせた』と書いているわけではありませんが。

https://news.v.daum.net/v/20190104201316715

いや、「なぜ?」と言われましても・・(笑

 

自爆している記事もあります。YTNの報道ですが・・↓

「まだ日本政府の公式の反応は出ていません。私たち国防部の反論動画が公開された直後の午後2時20分から安倍首相が新年記者会見を開きましたが、レーダー議論の言及は全くありませんでした。日本政府の立場を代弁する官房長官や直接管轄の防衛相もまだ何も反応を出していません。どうやら私たちがアップロードした動画を詳細に分析して再反論する部分を見つけるため公式立場を整理していると思われます」

https://news.v.daum.net/v/20190104170906887

韓国国防部の動画UPから安倍総理の新年記者会見まで、どうやら1時間しかなかったようです。それは、「言わなかった」ではなく、「(まだ)見なかった」でしょうに。

 

↓ここから追記ですが・・どうやら、別の意味で黙らせることはできたようです。あぜんって、確か言葉も出ないという意味ですから・・

時事通信からです(日本語記事です)。

<海上自衛隊のP1哨戒機に韓国駆逐艦が火器管制レーダーを照射した問題で、韓国国防省が公開した反論動画に対し、防衛省幹部らは4日「主観的で一方的だ」とあぜんとした表情を浮かべた。「信じられない主張だ」。海自幹部は「BGMであおっているだけで、中身がない」ときっぱり・・>

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010401006&g=soc

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

+242

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5