米シンクタンク研究員「韓米同盟があっさり終焉を迎えるかも」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国と米国の防衛費分担協議が、10回目の会議でもなんの進展がありませんでした(記事によると「原点に戻った」)。すでに前の協定による期間は去年12月31日で終わっています。

いままでも翌年の1月に妥協できたりしたものの、今までとはいろいろ違うという指摘が出ています。

一例として、米民主主義守護財団のデビッド・マックスウェル研究員は米議会専門誌「ザ・ヒル」への寄稿文で、「交渉長期化する場合、トランプ大統領は在韓米軍を撤収させる可能性があり、韓国と米国が「同盟」という軌道から外れる可能性もあると指摘しました。理由は、トランプ大統領は在韓米軍を「利害関係」の側面から見ているからだ、と。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・(マクスウェル研究員は)「ムン・ジェイン大統領は、ほぼ確実にトランプ大統領にも譲歩を要求する」とし、「トランプ大統領が100%でないものを受け入れるかどうかは不確実である」、「もしトランプ大統領が(韓国側の意見を)受け入れなかった場合、米軍はすぐに朝鮮半島から離れるだろう」、「これは韓米の戦略的同盟関係の悲劇であり、突然の終焉になるだろう」と憂慮した・・>

アジア太平洋地域外交専門誌「ディプロマット」も、トランプ大統領が金正恩氏との首脳会談で在韓米軍撤収を一つの「飴」として使うだろうと予想したとか。

https://news.v.daum.net/v/20190105174622446

 

利害関係というのは、単に「お金がかかる」だけではないでしょう。韓国に米軍を置くことが「価値が無い」と判断される可能性、ですが・・

最近の米国、北朝鮮、そして文政権の流れ、特に米軍が戦時作戦統制権の移譲及びそれから韓国軍の指揮下に入ることを素直に受け入れた件などを見ると、確かに『前とは雰囲気が違う』のは事実でしょう。

ただ、本当に撤収または大幅な減縮が行われるなら、それが米議会で承認されるのかどうかは、まだなんとも言えません。

一つ確実なのは、韓国が米軍撤収を「喜ぶだろう」、という点です。

 

 

明日は、更新がありません。久しぶりに1泊旅行です。

明後日の夕方、更新します。

(・∀・)ノ

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5